北春日部駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
北春日部駅
西口(2007年1月28日)
西口(2007年1月28日)
きたかすかべ - Kita-kasukabe
TS 27 春日部 (1.5km)
(1.6km) 姫宮 TS 29
所在地 埼玉県春日部市梅田本町一丁目13-1
駅番号 TS 28
所属事業者 東武鉄道
所属路線 伊勢崎線(東武スカイツリーライン)
キロ程 36.8km(浅草駅起点)
電報略号 キカス
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年度-
9,762人/日
-2012年-
開業年月日 1966年昭和41年)9月1日
東口(2012年7月)

北春日部駅
配線図

春日部駅

(1) (2) 3 4 (5)


STRg STRg STRf
STR ABZlf STRlg STRrg ABZrf
STR STR STR+BSl STR+BSr STR
STR STR STR+BSl STR+BSr STR
STR STR STR+BSl STR+BSr STR
STR ABZrg STRrf STRlf ABZlg
STRg STRg STRf

姫宮駅

北春日部駅(きたかすかべえき)は、埼玉県春日部市梅田本町一丁目にある東武鉄道伊勢崎線である。「東武スカイツリーライン」の愛称区間に含まれる。駅番号はTS 28

駅の北側には、西新井電車区から移転してきた南栗橋車両管区春日部支所(旧・春日部検修区)と春日部乗務管区がある。これらの設置に併せて出入庫時の起終点として開業した。

年表[編集]

駅構造[編集]

島式ホーム1面5線を持つ地上駅橋上駅舎を有する。

ホームの外側に通過線と、東武動物公園方に当駅始発・終着列車の引き上げ線が設置されている。通過線や側線にも番線が付番されており、ホームに面した線路は3・4番線である。半蔵門線田園都市線直通列車は、準急運転時間帯の朝・夜のみ停車する。このためホーム有効長は10両となっている。

バリアフリー設備として、改札階と東口・西口および改札階とホームを連絡するエレベーターが設置されている。トイレはホーム上の浅草寄りと西口にある。ホーム上のトイレには、2006年3月にユニバーサルデザインの一環としてオストメイトベビーベッドを備えた多機能トイレも併設された。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
3 東武スカイツリーライン 上り 春日部北千住とうきょうスカイツリー浅草
H日比谷線 中目黒Z半蔵門線 渋谷東急田園都市線 中央林間方面
4 下り 東武動物公園伊勢崎線 久喜日光線 南栗橋方面
  • 上記の路線名は旅客案内上の名称(「東武スカイツリーライン」は愛称)で表記している。

利用状況[編集]

2012年度の1日平均乗降人員9,762人である[1]

近年の1日平均乗降人員の推移は下記の通り。

年度別1日平均乗降人員[2]
年度 1日平均乗降人員
1970年(昭和45年) 1,721
1975年(昭和50年) 2,765
1980年(昭和55年) 5,098
1985年(昭和60年) 6,527
1990年(平成02年) 7,412
2000年(平成12年) 9,734
2001年(平成13年) 9,564
2002年(平成14年) 9,082
2003年(平成15年) 10,066
2004年(平成16年) 10,202
2005年(平成17年) 10,217
2006年(平成18年) 10,158
2007年(平成19年) 10,114
2008年(平成20年) 10,297
2009年(平成21年) 9,990
2010年(平成22年) 9,750
2011年(平成23年) 9,513
2012年(平成24年) 9,762

列車ダイヤ[編集]

日中の上り列車は特急・快速・区間快速・急行・区間急行を待避する(2本続けての通過待ちも多い)ため5分程度停車し、本数の多い朝ラッシュ時や回送列車の待避も加わる夕方以降は10分程度停車する列車もあった。2013年(平成25年)3月16日より東武動物公園駅で緩急接続するダイヤに変更され、上り・下りとも当駅で待避するのは特急のみとなった。

当駅始発の列車は、下り・上りとも朝の時間帯が中心である。近年は、南栗橋駅東武動物公園駅を始発とする列車が増え、当駅始発の列車は減る傾向にある。

  • 上り始発列車は、基本的に普通列車だが、一部は区間準急で、平日午前12本・午後3本、土休日は午前のみ6本。浅草駅・北千住駅行きのほか、日比谷線直通列車があるが、半蔵門線直通列車の設定はない。いずれも早朝・深夜に偏っており、有効時間帯の本数はあまり多くない。
  • 下り始発列車は平日・土休日とも館林駅太田駅各1本がある。
    • 2006年(平成18年)3月17日までは伊勢崎行、2009年(平成21年)6月5日までは平日・土休日とも太田行、2013年3月15日までは平日ダイヤは館林・太田行、土休日ダイヤは太田行であった。
  • 珍しい例として、区間急行(2006年3月17日まで準急)は通常当駅を通過するが、平日の終電間際の浅草始発当駅止まりの区間急行が設定されており、路線図には該当列車のみ当駅停車である旨の注意書きがあった(2013年3月16日より区間準急に変更)。

なお、平日の朝ラッシュ時に下り列車から上り列車(主に始発列車)に乗り換える人が絶えないため、「北春日部駅までの有効な乗車券が必要です」と注意を促すアナウンスがある。

駅周辺[編集]

当駅は、近隣の住宅地(春日部市梅田・栄町・浜川戸付近)からの徒歩による乗客のほか、自転車・自家用車による春日部市内・市外からの利用者が見られる。駅付近は月極(賃貸)駐車場が多い。

バス[編集]

  • 春バス(春日部市コミュニティバス)
    • 地方庁舎前 - 春日部駅西口 - 春日部駅東口 - 北春日部駅入口 - 北春日部循環(月~土曜運行、1日2本)

隣の駅[編集]

東武鉄道
東武スカイツリーライン
快速・区間快速・急行・区間急行
通過
準急・区間準急・普通
春日部駅(TS 27) - 北春日部駅(TS 28) - 姫宮駅(TS 29)

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]