鐘ヶ淵駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鐘ヶ淵駅
電車と駅ホーム(2014年3月16日)
電車と駅ホーム(2014年3月16日)
かねがふち - Kanegafuchi
TS 05 東向島 (1.0km)
(1.1km) 堀切 TS 07
所在地 東京都墨田区墨田五丁目
駅番号 TS 06
所属事業者 東武鉄道
所属路線 伊勢崎線(東武スカイツリーライン)
キロ程 4.2km(浅草起点)
電報略号 カネ
駅構造 地上駅
ホーム 2面4線
乗降人員
-統計年度-
12,453人/日
-2012年-
開業年月日 1902年明治35年)4月1日

鐘ヶ淵駅(かねがふちえき)は、東京都墨田区墨田五丁目にある東武鉄道伊勢崎線である。「東武スカイツリーライン」の愛称区間に含まれている。駅番号TS 06

駅構造[編集]

相対式ホーム2面4線を有する地上駅

ホームの有効長は10両編成に対応するが、東京メトロ半蔵門線東急田園都市線直通列車はすべて当駅を通過する。ホームが大きくカーブしているため、列車とホームの間が大きく空いている部分がある。

ホームの間には中線が敷設されているが、半蔵門線・東急田園都市線との直通運転開始に際して、通過列車用の本線と停車用の副本線を持つ、新幹線中間駅で多く見られる構内配線に改良された(後述)。当駅を通過する列車は追い抜きの有無にかかわらず通過線を経由する。ただし駅構内の曲線半径は小さく、かつ分岐器の通過線側が直線になっていないため、通過線を経由する列車は速度制限を受ける。とはいえ、構内通過時には車内の揺れが大きいことを配慮し、主に半蔵門線・東急田園都市線直通電車では当駅付近を通過する際、立席客に対して手すり・つり革などにつかまるよう注意を喚起するアナウンスがなされる場合がある。

下りホーム側に保線基地がある。

改札内に上下ホーム間の連絡通路はない。

トイレは、下り線側の改札付近と上り線ホーム中央にあり、いずれも改札内に設置されている。下り線側には、ユニバーサルデザインの一環として車椅子オストメイトの利用に対応した多機能トイレも併設されている。

以前の配線[編集]

ホームに面した上下本線とその間に中線2本という構内配線で、中線は貨物列車回送列車の待避・夜間帯泊や亀戸線運用車両の入線待機、臨時列車の通過追い抜き、西新井工場からの試運転列車の折り返しなどに使用されていた。この中線でも通過退避は可能であったが、南側にはダブル・スリップ・スイッチが、北側には上り方から下り方への片渡り線が設置され、上下線が同時に通過線を走ることができなかった。

これで半蔵門線・東急田園都市線直通運転を開始すると運転上の制約が大きくなるため、前述のダブル・スリップの撤去などを行い、新幹線中間駅で多く見られる構内配線に改良された。しかし立地条件の制約から通過線を直線にできなかったほか、下りは分岐器新設のためホーム部の改札口近くが使えなくなり、下りホームと改札口の距離が大きく離れるなどの問題点も生ずる結果となった。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 東武スカイツリーライン 下り 北千住新越谷東武動物公園
伊勢崎線 久喜日光線 南栗橋方面
2 東武スカイツリーライン 上り 曳舟とうきょうスカイツリー浅草方面
  • 上記の路線名は旅客案内上の名称(「東武スカイツリーライン」は愛称)で表記している。

利用状況[編集]

2012年度の1日平均乗降人員12,453人である[1]

近年の1日平均乗降・乗車人員推移は下表のとおりである。

年度別1日平均乗降・乗車人員[2]
年度 1日平均
乗降人員[3]
1日平均
乗車人員
1992年(平成04年) 8,940
1993年(平成05年) 8,674
1994年(平成06年) 8,430
1995年(平成07年) 8,273
1996年(平成08年) 8,148
1997年(平成09年) 7,918
1998年(平成10年) 7,575
1999年(平成11年) 7,311
2000年(平成12年) 14,757 7,121
2001年(平成13年) 13,633 6,852
2002年(平成14年) 13,079 6,584
2003年(平成15年) 13,512 6,760
2004年(平成16年) 13,162 6,548
2005年(平成17年) 12,906 6,422
2006年(平成18年) 12,801 6,345
2007年(平成19年) 12,834 6,429
2008年(平成20年) 12,859 6,444
2009年(平成21年) 12,545 6,288
2010年(平成22年) 12,495
2011年(平成23年) 11,966
2012年(平成24年) 12,453

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

最寄りの停留所は、駅前にある鐘ヶ淵通り上の「鐘ヶ淵駅前」と、駅から北西方向約300mのところにある墨堤通り上の「墨田二丁目」で、京成バス京成タウンバス東京都交通局により運行される以下の路線が発着する。

  • 鐘ヶ淵駅前
  • 墨田二丁目

歴史[編集]

その他[編集]

開業当初、駅は直線上に位置しており、路線も当駅の北東でゆるやかにカーブして堀切方面に向かっていた。しかし、荒川放水路の開削に伴い、1923年(大正12年)7月1日に当駅から北のルートが変更され、現在の荒川放水路の横をかすめるルートとなったため、その影響で当駅に急カーブができることとなった。

2007年6月30日に解散した企業であるカネボウ(事業としてはクラシエホールディングスが継承)の旧社名、績(かねがふちぼうせき)および、元々は同根の企業であったカネカの旧社名、学(かねがふちがく)は、鐘ヶ淵が創業の地であることにちなむ。

隣の駅[編集]

東武鉄道
東武スカイツリーライン
快速・区間快速・急行・準急
通過
区間急行・区間準急・普通
東向島駅(TS 05) - 鐘ヶ淵駅(TS 06) - 堀切駅(TS 07)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]