モスリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モスリンのドレスに身を包んだヨーロッパの女性(1855年)

モスリン(英語: muslin)とは綿(めん)や羊毛(ウール)などの単糸平織りした薄地の織物

日本では、モスリンは薄手の平織り羊毛生地を指すのが普通で、綿生地を綿モスリン、羊毛生地を本モスリンと呼んで区別することがある。(出展:英辞郎 http://eow.alc.co.jp/muslin/UTF-8/)

別名、メリンス(スペイン語に由来)、唐縮緬(とうちりめん)。

のモスリンはシフォンと呼ばれる。

概要[編集]

薄地で柔らかくあたたかいウール衣料素材で、日本では戦前の普段着の着物、冬物の襦袢半纏の表、軍服(夏服・夏衣)などに用いられていたが、近年では東北地方北海道の一部以外ではほとんど流通しておらず、目にする機会は少なくなっている。

神崎川を越えて大阪市淀川区兵庫県尼崎市を結ぶ橋の一つに「毛斯倫(モスリン)大橋」があるが、この名称は初代の橋が「毛斯倫株式会社」が掛けた私橋だったことによる。戦前には日本のモスリン製造業は繊維産業として隆盛を誇り、一代で莫大な財を成した資産家も多かった。

日本が戦争に突入し、政府より「繊維製品の使用制限」が公布され(1937年10月11日)、羊毛製品にステープル・ファイバー(スフ)混入が命じられると、自ずとモスリンの製造業は衰退を余儀なくされた。

17世紀にヨーロッパに登場したが、その語源はイラクの都市モースルからもたらされたことに由来する。しかし実際にはインド亜大陸のダッカ(現バングラデシュ)で作られ陸路モースルまで運ばれていた(もともとは木綿織物であるが、日本には木綿では伝わらず広まらなかった)。