やぎ座デルタ星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
やぎ座デルタ星
Capricornus constellation map.png
やぎ座デルタ星の位置(中央左)
データ
元期 J2000.0      Equinox J2000.0
星座 やぎ座
赤経 21h 47m 03s
赤緯 -16° 07′ 38″
視等級 (V) 2.85
特徴
スペクトル分類 A7III
U-B 色指数 0.08
B-V 色指数 0.30
変光星 たて座デルタ型変光星
食連星
アストロメトリー
視線速度 (Rv) -0.2 km/s
固有運動 (μ) 赤経: 263.26 ミリ秒/
赤緯: -296.23 ミリ秒/
年周視差 (π) 84.58 ± 0.88 ミリ秒
距離 ~39 光年
(~11 パーセク)
絶対等級 (MV) 2.49
詳細
質量 0.61-1.25 M
半径 1.64 R
光度 8.5 L
表面温度 7,700 K
自転周期 87 km/s
他の名称
Deneb Algedi, Scheddi, 49 Capricorni, GJ 837, HR 8322, BD−16°5943, HD 207098, GCTP 5258.00, SAO 164644, FK5 819, HIP 107556, GC 30491, ADS 15314, CCDM 21470-1607
参照データベース
SIMBAD data

やぎ座デルタ星 (δ Cap, δ Capricorni) は、やぎ座の方角に約39光年の位置にある4つの恒星からなる連星である。デネブ・アルゲディ (Deneb Algedi) やScheddiという固有名を持つ。主星は白色巨星であり、4つの光度が合わさって、やぎ座で最も明るい1つの恒星のように見える。固有名は、アラビア語で「ヤギの尾」を意味するذنب الجدي ðanab al-jadyという言葉に由来する。やぎ座デルタ星は占星術的には柔軟で、幸運にも不運にも関連する[1]。中世占星術の15の固定星の1つであり、玉髄マジョラムと関連した。黄道付近にあるため、月や惑星による掩蔽が起きる。

中国では、城壁線を意味する壘壁陣という星官を構成する壘壁陣四として知られる[1]

恒星系[編集]

やぎ座デルタ星は、4つの恒星からなる恒星系である。主星のやぎ座デルタ星Aは白色巨星に分類され、スペクトル型はAである。分光連星であり、2つの成分の等級は、それぞれ+3.2と+5.2で0.0018秒離れている。またアルゴルと同様に、やぎ座デルタ星は食連星である。最も近い伴星は主星との共通重心の周りを1.0022768日の周期で公転し、食が起こっている間は光度が0.2等級低下する。

他の2つの恒星は、系のずっと外側を公転していると考えられている。16等級のやぎ座デルタ星Cは主星から1分、13等級のやぎ座デルタ星Dは2分離れている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • ^Batten, A. H. (1961). “The spectroscopic orbit of delta Capricorni (HD 207098)”. Publ. Dominion Astrophys. Obs. 11: 395–403. 
  • ^Wright, Anne (2003年). “The Fixed Stars: Deneb Algedi”. 2005年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2005年7月28日閲覧。
  • Malasan, H. L.; et al. (1989). “Delta Capricorni – an evolved binary or a main-sequence binary?”. Astronomical Journal 97: 499–504. doi:10.1086/114999. 

脚注・出典[編集]

  1. ^ (中国語) 香港太空館 - 研究資源 - 亮星中英對照表, Hong Kong Space Museum. Accessed on line November 23, 2010.

外部リンク[編集]

  • Delta Capricorni”. Heavens Above. Hipparcos Star Catalog Entry. 2008年6月21日閲覧。
  • Kaler, Jim. “Deneb Algedi”. University of Illinois. STARS. 2008年6月21日閲覧。