シャプレー・ソーヤー集中度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シャプレー・ソーヤー集中度(Shapley–Sawyer Concentration Class)は、球状星団をその集中度で1から12に分けた分類システムである。M75のような最も集中度が高い星団はクラスIに分類され、最も集中度が小さいパロマ―12等のクラスXIIまで数字が大きくなっていく。

歴史[編集]

1927年から1929年にかけて、ハーロー・シャプレーヘレン・ソーヤー・ホッグは集中度によって星団の分類を始めた。この時の分類システムが、本日用いられているものの核となり、Shapley–Sawyer Concentration Classとして知られるようになった[1]

分類[編集]

分類 記述
I High concentration toward the center
II Dense central concentration
III Strong inner core of stars
IV Intermediate rich concentrations
V Intermediate concentrations
VI Intermediate
VII Intermediate
VIII Rather loosely concentrated towards the center
IX Loose towards the center
X Loose
XI Very loose towards the center
XII Almost no concentration towards the center

[2]

出典[編集]

  1. ^ Hogg, Helen Battles Sawyer (October 1965). “Harlow Shapley and Globular Clusters”. Publications of the Astronomical Society of the Pacific 77 (458): 336–46. Bibcode 1965PASP...77..336S. doi:10.1086/128229. 
  2. ^ Burton, Jeff (2011年7月26日). “Shapley–Sawyer Globular Cluster Concentration Class”. 2013年5月24日閲覧。