ブーメラン星雲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブーメラン星雲[1]
Boomerang Nebula[2]
Boomerang HST big.jpg
ブーメラン星雲の擬似カラー画像
(ハッブル宇宙望遠鏡)
星座 ケンタウルス座
視直径 1.445 × 0.724 [3]
分類 原始惑星状星雲
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 12h 44m 45.45s[3]
赤緯 (Dec, δ) -54° 31′ 11.4″[3]
距離 5000 光年[2][4]
(1533 pc)
物理的性質
表面温度 1 K[2][4]
(-272 ℃)
発見
発見者 Keith TaylorとMike Scarrott
別名称
別名称
Centaurus Bipolar Nebula[3][注 1]
GN 12.41.9、
HBC 592、
WKK98 1328、
IRAS 12419-5414、
LEDA 3074547、
PGC 3074547[5]
■Project ■Template

ブーメラン星雲(Boomerang Nebula)は、ケンタウルス座の方向に地球から5000光年[2][4]離れた位置にある原始惑星状星雲である。自然界で最も低温の場所である。

ブーメラン星雲

温度[編集]

ブーメラン星雲は、知られている中で、自然界で最も温度の低い場所である[2]。温度は1K (-272℃) であり、絶対零度から1度しか高くない。これは宇宙の温度、即ち宇宙マイクロ波背景放射の2.7Kよりも低く、知られている限り、宇宙の温度より低い唯一の場所である[2]。これはボース=アインシュタイン凝縮が観測されるほどの低温である。温度は1995年ESOチリにあるサブミリ望遠鏡によって観測された。

ブーメラン星雲の低温は、ガスの移動によって説明される。1998年ハッブル宇宙望遠鏡は、ブーメラン星雲が原始惑星状星雲であることを突き止めた。星雲の中心部からは、164km/sという高速の「風」が吹いており、それが宇宙空間に拡散し、膨張する際に温度が下がり、この低温に達するのである。星雲からは、1500年間で太陽質量の1.5倍のガスを放出すると考えられている[4]。ガスの流れによるフィラメント構造が見られるが、これは多くの惑星状星雲とは異なる上に、その構造を作り出すほどブーメラン星雲は古いようには見えない。この例のように、惑星状星雲が多種多様な形を持っているのは謎である[2]

名前[編集]

ブーメラン星雲は、Keith TaylorとMike Scarrottによって観測され、1980年ブーメラン星雲と名付けられた[2]。この時は、ブーメランのような非対称なカーブがその名の由来となったが、その後1998年に撮影されたハッブル宇宙望遠鏡の高解像度画像を見る限りでは、Bow Tie Nebula(Bow Tieは蝶ネクタイ、Nebulaは星雲)の方がよりふさわしい名前かもしれないと指摘している[6][2]。ただし現在では、Bow Tie Nebulaと言えば別の星雲の事を指す(#関連項目参照)。

関連項目[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 邦訳するとケンタウルス座双極星雲となる

出典[編集]

  1. ^ 宇宙で一番低温の天体、ブーメラン星雲”. AstroArts. 2012年5月6日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i The Boomerang Nebula - the coolest place in the Universe? - ESA
  3. ^ a b c d BOOMERANG NEBULA - SIMBAD
  4. ^ a b c d Boomerang Nebula - "NASA"
  5. ^ PGC 3074547 (Boomerang Nebula) - SKY-MAP.ORG
  6. ^ Hubble Catches Scattered Light from the Boomerang Nebula - HUBBLESITE

座標: 星図 12h 44m 45.45s, -54º 31' 11.4''