うお座イオタ星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
うお座イオタ星[1]
データ
元期 J2000.0      Equinox J2000.0
星座 うお座
赤経 23h 39m 57.04s
赤緯 +5° 37' 34.65"
視等級 (V) 4.13
特徴
スペクトル分類 F7V
U-B 色指数 0.01
B-V 色指数 0.50
アストロメトリー
視線速度 (Rv) +5.0 km/s
固有運動 (μ) 赤経: 376.3 ミリ秒/
赤緯: -437 ミリ秒/
年周視差 (π) 72.51 ± 0.88 ミリ秒
距離 45 ± 0.5 光年
(13.8 ± 0.2 パーセク)
絶対等級 (MV) 3.43
他の名称
Iota Piscium, 17 Piscium, GJ 904, HR 8969, BD+04°5035, HD 222368, LTT 16971, SAO 128310, HIP 116771, GC 32879

うお座イオタ星 (ι Piscium, ι Psc) は、うお座の方角に約45光年離れた位置にある恒星である。主系列の黄色矮星で、スペクトル型はF7Vである。太陽よりもいくらか大きく明るいが、周囲に地球型惑星が存在しうる範囲内である。表面温度は6000Kから7500Kである。うお座イオタ星は変光星であると疑われており、かつては1つか2つの伴星があると考えられていたが、どちらも視線が偶然一致する見かけの伴星であった[2]

出典[編集]

  1. ^ Simbad Query Result”. Simbad. 2007年4月4日閲覧。
  2. ^ "Iota Piscium"”. 2007年9月27日閲覧。