ヴァン・マーネン星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴァン・マーネン星
データ
元期 J2000
星座 うお座
赤経 00h 49m 09.9s
赤緯 +5°23′19″
視等級 (V) 12.40
特徴
スペクトル分類 DZ7(DFG VII)
色指数 (B-V) 0.55
色指数 (U-B) 0.02
アストロメトリー
視線速度 (Rv) +41.7 km/s
固有運動 (μ) 赤経: 1,233.05 ミリ秒/
赤緯: -2,710.56 ミリ秒/年
年周視差 (π) 231.88 ± 1.79 ミリ秒
距離 14.4 ± 0.1 光年
(4.42 ± 0.03 パーセク
絶対等級 (MV) 14.23
詳細
質量 0.70 M
半径 0.013 R
光度 0.0002 L
年齢 1 ×1010
他の名称
Gl 35, HIP 3829, G 1-27, LHS 7, LTT 10292, LFT 76, Wolf 28, WD 0046+051, W 5, LCC 0350
Template (ノート 解説) 天体PJ

ヴァン・マーネン星(-せい)(ファン・マーネン星[1]、Van Maanen's star)は、地球から14.4光年(または14.07光年)離れた白色矮星である。単独の白色矮星としては太陽系に最も近い[注 1]

概略[編集]

1917年オランダ生まれのアメリカの天文学者アドリアン・ヴァン・マーネンにより発見された。エリダヌス座40番星BとシリウスBに次いで3番目に発見された白色矮星である。

ヴァン・マーネン星は白色矮星としては比較的低温で、スペクトル型は太陽に近い。またスペクトル中に水素やヘリウムの吸収線が見られず、かなり古い星(100億歳かそれ以上)であると考えられている。質量は太陽の7割ほど[注 2]と推定されるが直径は地球の1.4倍程度であり、1cm3あたりの密度は約470 kgに達する。太陽系からは遠ざかる方向に進んでいる。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ シリウス伴星(シリウスB)は地球から8.6光年の距離に位置し、最も近くにある白色矮星であるが、シリウスAと連星系を成している。
  2. ^ 地球の質量は太陽のおよそ33万分の1。

出典[編集]

  1. ^ 『天文学辞典』改訂増補第2刷 地人書館 576頁 ISBN 4-8052-0393-5

参考文献[編集]

国立天文台編 『理科年表』平成24年 丸善株式会社 2012年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]