ビルマ暦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ビルマ暦(ビルマれき)は、ミャンマータイで昔使われていた暦法の一つ。小暦とも言う。太陰太陽暦

ミャンマーの高僧ブッパソーラハンが還俗し、638年3月21日に王に就いた時設置されたと民間に信じられている。

タイ[編集]

タイではラーマ5世1888年タイ仏暦2431年)に廃止された。タイ仏暦-1182年タイ語でチュラ・サッカラートจุลศักราชと言い、年代を表記する場合はジョー・ソーจ.ศ.と略す。年号の最後の数番号が0の時サムリッティソックสัมฤทธิศก、1の時エーカソックเอกศก、2の時トーソックโทศก、3の時トリーソックตรีศก、4の時ジャッタワーソックจัตวาศก、5の時ベンジャソックเบญจศก、6の時チャソックฉศก、7の時サプタソックสัปตศก、8の時アッタソックอัฐศก、9の時ノッパソックนพศกとして、年号の後に付ける興味深い表記法がある。最終的にビルマ暦1234年をタイ風に表したい場合จ.ศ.1234จัตวาศกと表記する。