タイ太陽暦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

タイ太陽暦 (タイたいようれき、英語:Thai solar calendar、タイ語:สุริยคติ) は、ラーマ5世によって1888年に導入されたタイ王国独自のグレゴリオ暦太陽暦)である。民間ではタイ太陰暦も用いられているが、タイ太陽暦はタイの公式なである。年は西暦よりも543年大きい仏滅紀元で数えられる。便宜のために、カレンダーには通常、漢数字アラビア数字で西暦も記されている。

2004年8月のカレンダー(拡大)。
右列の2行目「๒๕๔๗」はタイ文字で2547を表し、仏滅紀元2547年の意味である。
2004年8月のカレンダー。

カレンダー[編集]

カレンダーには、曜日・祝日のほか、仏教の祭日、中国暦などが記されることがある。

2004年8月15日・16日のカレンダー

右図のカレンダー(2004年8月15日・16日)を例にとると、

  • 赤色の数字は、日曜日タイの祝日を表している。
  • 赤色のブッダの絵は、タイの安息日を表している。
  • 赤地に白色の漢数字は、中国暦の新月満月の日を表している。通常、タイ暦のものと1日違う。
  • 青い走り書きの数字があるのは国営宝くじの抽選日で、数字は予想番号である。
  • 太陽暦の日付の下に書かれているのは太陰暦の日付である。

誕生日[編集]

出生届には、日、月、年、時間に続いて、曜日、太陰暦の日付、干支が記録される。タイでは伝統的に干支で年齢を表し、一周する12年ごと、60年ごとにお祝いを行う。

[編集]

ラタナコーシン紀元[編集]

ラタナコーシン紀元の「1年」は、チャクリー王朝を創設し、バンコクを首都と定めたラーマ1世が即位した1782年4月6日から始まる。ラーマ5世は、この年を紀元と定め、西暦1888年をラタナコーシン紀元106年とした。

仏滅紀元[編集]

タイの仏滅紀元は、釈迦の入滅の日と信じられている紀元前545年3月11日を「0年」とする。ラーマ6世は暦を仏滅紀元に改め、西暦1912年を仏滅紀元2455年4月1日から始まることとした。

新紀元[編集]

西暦1941年プレーク・ピブーンソンクラーム首相は、仏滅紀元2484年を1月1日から始めると宣言した。そのため、仏滅紀元2483年は9カ月しかなかった。

1-3 4-6 7-9 10-12 1-3 4-6 7-9 10-12 1-3 4-6 7-9 10-12 1-3 4-6 7-9 10-12
AD 1939 1940 1941 1942
BE 2481 2482 2483 2484 2485

今日では、西暦の1月1日と、4月13日から15日に祝われるタイにおける旧正月ソンクラーン)の祭りの日は、ともに祝日となっている[1]。しかしタイの華人のコミュニティでは、旧正月は中国暦によって決まる。

祝日[編集]

祝日となる仏教徒の祭りの日付は太陰暦によって計算される。そのためその日付は太陽暦で表すと毎年変わる。

[編集]

月の名前は、インド占星術に由来する。30日の月の語尾は、サンスクリット語で「到来」を意味する-āyanaに由来する-ayon (-อายน) 、31日の月の語尾は、英語のcomeと同語源で、やはりサンスクリット語で「到来」を意味する-āgamaに由来する-akhom (-อาคม) である。

2月のみ、語尾はサンスクリット語で「枷」や「束縛」を意味するbandhaに由来する-phan (-พันธ์) である。閏年2月29日は、サンスクリット語で「付加」を意味するadhikaに由来するAthikasuratin (อธิกสุรทิน) と呼ばれる[2]

日本語 タイ語 省略形 転写 サンスクリット語 サイン
1月 มกราคม ม.ค. mokarakhom mokara "海の怪物" 磨羯宮
2月 กุมภาพันธ์ ก.พ. kumphaphan kumbha "瓶" 宝瓶宮
3月 มีนาคม มี.ค. minakhom mīna "(ある種の)魚" 双魚宮
4月 เมษายน เม.ย. mesayon meṣa "子羊" 白羊宮
5月 พฤษภาคม พ.ค. phruetsaphakhom vṛṣabha "雄牛" 金牛宮
6月 มิถุนายน มิ.ย. mithunayon mithuna "一対" 双児宮
7月 กรกฎาคม ก.ค. karakadakhom karkaṭa "カニ" 巨蟹宮
8月 สิงหาคม ส.ค. singhakhom siṃha "ライオン" 獅子宮
9月 กันยายน ก.ย. kanyayon kanyā "少女" 処女宮
10月 ตุลาคม ต.ค. tulakhom tulā "釣り合い" 天秤宮
11月 พฤศจิกายน พ.ย. phruetsachikayon vṛścika "サソリ" 天蝎宮
12月 ธันวาคม ธ.ค. thanwakhom dhanu "弓" 人馬宮

[編集]

週は、サンスクリット語で「7」という意味のสัปดาห์ sàb-daやสัปดาหะ sàb-da-hàと呼ばれる。日曜日から始まり、土曜日で終わる[3]

曜日は、太陽と月、五星のサンスクリット語から名付けられている。

曜日
日本語 タイ語 転写 サンスクリット語 惑星
日曜日 วันอาทิตย์ wan athit スーリヤ 太陽
月曜日 วันจันทร์ wan jan チャンドラ
火曜日 วันอังคาร wan angkhan マンガラ 火星
水曜日 วันพุธ wan phut ブッダ 水星
木曜日 วันพฤหัสบดี wan pharuehat (sabodi) ブラスパティ 木星
金曜日 วันศุกร์ wan suk シュクラ 金星
土曜日 วันเสาร์ wan sao シャニ 土星

備考:4列目の色は、その曜日に幸運と考えられている色を表している。

脚注[編集]

  1. ^ J.C. Eade. The calendrical systems of mainland southeast asia. E.J. Brill, Leiden. p. 22. ISBN 9004104372.  According to some scholars including George Coedes the change occurred at the beginning of the 5th lunar month originally, few days before Songkhran.
  2. ^ Thai2english.com, dictionary
  3. ^ Royal Institute Dictionary 1999

出典[編集]

  • Eade, John Christopher. 1995. The Calendrical Systems of Mainland South-East Asia. Handbuch der Orientalistik: Dritte Abteilung, Südostasien 9. Leiden and New York: E. J. Brill. ISBN 90-04-10437-2
  • na Nakorn, Bleung (comp.). [1971]. นายเปลื้อง ณ นคร ผู้รวบรวม ปทานุกรมนักเรียน ไทยวัฒนาพานิช กทม. Student's Handbook. Bangkok: Thai Wattana Panit, 2514.
  • Sethaputra, So. 1999. New Model English - Thai Dictionary. [Krung Thep Maha Nakhon?: Thai Watthana Phanit?]. ISBN 974-08-3253-9
  • Thai calendar for August 2004.
  • Web dictionary Thai-English English-Thai

外部リンク[編集]