ウル第三王朝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イラクにある、ウル・ナンム治世下に建てられたと言われる「ウルのジッグラト」(エ・テメン・ニグル)。
ジッグラト遺跡の中では最も保存状態がよい。現在は2層が残り高さは20mだが、かつては3層であったとも言われる。月神ナンナを祀る神殿が頂座に置かれた。

ウル第三王朝(ウルだい3おうちょう、3rd dynasty of Ur)は、紀元前22世紀から紀元前21世紀にかけてメソポタミアを支配した王朝。

ウルの軍事司令官であったウル・ナンムが自立して、前22世紀末にウル第三王朝が建てられた。建国者のウル・ナンムは、神殿の建築や運河の建設などを行うとともに、ウル・ナンム法典と称される法典を定めた。この法典は、のちに古バビロニア王国でまとめられるハンムラビ法典に影響を与えたと考えられる。第2代シュルギの時代までに行政機構が確立し、王権の神格化も進んでいった。

しかし、まもなくこの王朝はアムル人エラム人の侵入に苦慮することとなった。シュルギ王やのちのシュ・シン王は、彼らの侵入を防ぐために防壁を設けた。

紀元前2004年(または紀元前1940年)、シュ・シンの息子であるイビ・シン王の時代にエラムが侵攻するとウルは陥落。エラム人によって王ははるか東方へ連行され、これをもってウル第三王朝は滅亡した。

その後[編集]

都市国家バビロンアムル人の影響下に置かれ、紀元前1830年バビロン第1王朝が誕生し、前18世紀に第6代の王ハンムラビがメソポタミアを再び統一した。一方、アッシュールは、紀元前1813年アムル人シャムシ・アダド1世古アッシリア王国エリシュム2世を破って新王に即位したが、ヒッタイトの台頭に押された。中アッシリア王国の時代には、当初はフルリ人ミタンニ王国勢力圏下に置かれたが、アッシュール・ウバリト1世の治世にミタンニ王国の影響下を脱すると、バビロニアを征服して古代オリエントの一大勢力となった。


歴代君主[編集]

  1. ウル・ナンム(前2113頃 - 前2096頃)
  2. シュルギ(前2095頃 - 前2048頃)
  3. アマル・シン(前2047頃 - 前2038頃)
  4. シュ・シン(前2037頃 - 前2030頃)
  5. イビ・シン(前2029頃 - 前2006頃)

関連項目[編集]