ピタゴラス教団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日の出を祝うピタゴラス(en:Fyodor Bronnikov画)

ピタゴラス教団〔またはピュタゴラス教団〕(ピタゴラスきょうだん、:Pythagorean Order)は、古代ギリシアにおいて哲学者ピタゴラスによって創設されたとされる一種の宗教結社。現在の南イタリアのロクリスに本拠を置き、数学音楽哲学研究を重んじた。前5世紀ごろに盛んであった。ピタゴラス学派(ピタゴラスがくは、Pythagorean school)ともいい、ピタゴラスの教説をピタゴラス学説(:Πυθαγορισμός、:Pythagoreanism)という。

古代ギリシャからあるオルペウス教の影響から輪廻転生の考え方を有していた。また原始共産制を敷いており、ティマイオスによると、ピタゴラスは財産を共有することを結社に入る第一の条件にしていた。

この時代の宗教結社に共通することではあるが、結社外に教えを伝えることは禁じられていた。このため、ピタゴラス教団に関する資料は少なく、実態が明らかでない。古代の証言からは、数学の研究を重んじた派と、宗教儀礼を重んじた派のふたつがあった[要出典]ことが知られている。宗教儀礼を重んじた派の風習として、ソラマメを食べないなどの禁忌があった[要出典]ことが知られている。この派に属していた者として医学者のアルクマイオンが挙げられる。

また、ピタゴラス教団自体が秘教的で教えを外部に伝えなかったことだけでなく、ピタゴラスの伝記伝説おとぎ話に満ちたものとなっているということもピタゴラス教団の実態を不確実なものとしている。ネオプラトニズムポルピュリオスイアンブリコスが書いた伝記が、ピュタゴラスの生涯を歴史哲学的な物語として描いている。[1]

ピタゴラス本人を含めて前期ピタゴラス教団の人々は著述を一切残さなかったが、後期のピロラオス(プラトンの「パイドン」で言及される)、エウリュトスアルキュタス(プラトンの同時代人)といった人々がピタゴラスの思想を間接的に伝えている。[1]

プラトンにおける数学幾何学)の重視はピタゴラス教団の影響である[要出典]といわれている。ピタゴラス教団は特定の数に神秘的な性格を見出しており、その教説の一端がプラトンの『国家』第10巻の宇宙像に現れているとの指摘[要出典][誰によって?]がある。

概要[編集]

ピタゴラス派の根本思想は均整及び調和の理念で、この理念が日常生活から宇宙全体までを支配しているのだと考えられた。万物は宇宙の中心点である中心火の周囲を決まった軌道を通って周行するものとされた。[1]

そして、均整及び調和の理念を基礎づけるものがピタゴラスの数論であった。ピタゴラス学派が数を原理と考えたということについて、アリストテレスはあるときには「数が物体の質料だと彼らは考えた」といったことを述べ、またあるときには「数が物体の原型であると彼らは考えた」といったことを述べている。このため、ピタゴラス学派の中には数を実体だと考える人々と数を物の原型としか考えない人々が混在していたのだと考えられている。ただしアリストテレスはピタゴラス学派の人々がおのおの二つの考えを同時に持っていたのだと考えている。アリストテレスと違ってピタゴラス学派の人々は形相的原理と質料的原理の区別を知らなかったことに注意しなければならない。[1]

また、数論の現実的な領域への適用として、数と物事を結びつける、数を物事の象徴とするといったことが行われたが、正義を3に還元する者、4に還元する者、5に還元する者が学派内に混在するなどといったように、曖昧勝手で無生産な言葉遊びに堕した。[1]


参考文献[編集]

  1. ^ a b c d e シュヴェーグラー『西洋哲学史(上巻)』谷川徹三松村一人訳、岩波文庫1958年改版 ISBN:978-4003363614

関連項目[編集]

外部リンク[編集]