不二一元論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

不二一元論(ふにいちげんろん、advaitavāda, アドヴァイタヴァーダ)とは、ヒンドゥー教ヴェーダーンタ学派において、8世紀のシャンカラによって唱えられた学説。これはヴェーダンタ学派における最有力の学説となり[1]、この学説に則る哲学や学派をアドヴァイタ・ヴェーダーンタ(advaita vedanta)と呼ぶ。

内容[編集]

不二一元論は、ウパニシャッド梵我一如思想を徹底したものであり、ブラフマンのみが実在するという説である。

こうしたシャンカラの思想は、『ブラフマ・スートラ注解』などの著作に記されている。

脚注・出典[編集]

関連項目[編集]