Jat航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Air Serbia
IATA
JU
ICAO
JAT
コールサイン
TBA[1]
設立日 1927年4月1日
ハブ空港 ベオグラード・ニコラ・テスラ空港
マイレージサービス エティハド・ゲスト
保有機材数 20
就航地 47
親会社 セルビア政府、エティハド航空
本拠地 セルビアの旗 セルビア ベオグラード
代表者 Dane Kondic(CEO
エア・セルビアのエアバスA319

Jat航空(ヤットこうくう)は、セルビア航空会社である。ユーゴスラビア崩壊前はユーゴスラビアの国営航空会社だった。2013年10月にエア・セルビア(: Air Servia)へ社名変更。

歴史[編集]

1927年6月17日Aeroput(アエロプット、Аеропут)として創業。第2次世界大戦による運航停止を経て1947年4月1日、「JAT Jugoslovenski aerotransport」(ユーゴスラビア航空運輸)が運航を開始、翌1948年にアエロプットの運航を引き継いだ。「JAT Yugoslav Airlines(JATユーゴスラビア航空)」を経て、2003年1月よりjat航空となった。

2013年8月1日エティハド航空がセルビア政府の所有する株式49%を取得、5年間のマネジメント契約を締結した[2]。同年10月26日よりエア・セルビアとしての運航を開始[3]マイレージサービスも自社の“エクストラ・フライト・クラブ”をエティハド航空の“エティハド・ゲスト”に統合した[4]。機材調達面でもエティハド航空と連携し、スケールメリットを活かしていく計画である[5]

保有機材[編集]

旧Jat航空時代のボーイング737-300
JATユーゴスラビア航空時代のマクドネル・ダグラスDC-10-30(2003年、ベオグラード・ニコラ・テスラ空港にて)
JATユーゴスラビア航空旧塗装のマクドネル・ダグラスDC-9-32(1985年5月、チューリッヒ国際空港にて)

2013年11月現在の機材は以下の通り:

過去の機材[編集]

事件[編集]

1972年1月26日、Jat航空のJU364便、ダグラスDC9-32型機飛行中に爆破された事件では、客室乗務員ヴェスナ・ヴロヴィッチが、1万0160メートル(3万3000フィート)からの落下にも関わらず生還し、これはパラシュートなしでの最も高い高度から落下して生還した記録となっている[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ jat航空時代は“JAT”。
  2. ^ エティハド航空、JAT航空の株式を取得 マネジメントへ”. フライチーム (2013年8月6日). 2013年11月23日閲覧。
  3. ^ エア・セルビア、正式に運航を開始 JAT航空からリニューアル”. フライチーム (2013年10月28日). 2013年11月23日閲覧。
  4. ^ Air Serbia Etihad Guest”. エア・セルビア. 2013年11月12日閲覧。
  5. ^ エア・セルビア、A320neoを10機調達 エティハドとの資本アライアンスで”. フライチーム (2013年11月21日). 2013年11月23日閲覧。
  6. ^ ギネスワールドレコード(英語)”. 2006年8月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年8月5日閲覧。

外部リンク[編集]