ヴェレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴェレス
マケドニア共和国の旗
Велес
Veles
ヴェレスの時計塔
ヴェレスの時計塔
ヴェレスの市章
基礎自治体章
位置
マケドニア共和国でのヴェレスの位置の位置図
マケドニア共和国でのヴェレスの位置
座標 : 北緯41度43分12秒 東経21度47分36秒 / 北緯41.72000度 東経21.79333度 / 41.72000; 21.79333
市長 Аце Коцевски
地理
面積  
  基礎自治体域 1 818 km2
標高 206 m
人口
人口 (2002年現在)
  基礎自治体域 55 108人
その他
等時帯 CET (UTC+1)
夏時間 CSET (UTC+2)
市外局番 +389 043
ナンバープレート VE
公式ウェブサイト : http://www.veles.gov.mk/

ヴェレスВелес / Veles)は、マケドニア共和国中部の町、およびそれを中心とした基礎自治体ヴァルダル川沿いに位置している。

呼称[編集]

町の名前はスラヴ神話の神ヴェレスに由来している。第二次世界大戦の後、町はユーゴスラビアの指導者ヨシップ・ブロズ・チトーにちなんでティトフ・ヴェレスТитов Велес / Titov Veles)と改称された。しかし、マケドニア共和国がユーゴスラビアからの独立を果たした後、「ティトフ」は市名から外された。ヴェレスの自動車のナンバープレートにはティトフ・ヴェレスを意味する「TV」が書かれていたが、2000年に「VE」に改められた。

歴史[編集]

ヴェレスにおける人の居住は1千年以上にわたる。古代には町はギリシャ語ヴィラゾラΒυλασωρα / Vilazora)と呼ばれ、パイオニア王国Paionia)がこの地方を支配していた頃には、トラキア人の一派が居住していたほか、イリュリア人が居住していた可能性もある。バルカン戦争以前のオスマン帝国支配下では、ヴェレスはキョプリュリュKöprülü)と呼ばれ、コソボ州のユスキュブ(Üskübスコピエに属する町(kaza)であった[1].

特徴[編集]

ヴェレスはマケドニアの情報技術産業の牽引役となっている。文学と文化、歴史、伝統の町であり、多くの文化的遺産や古い聖堂が残されている。

人口[編集]

2002年の国勢調査によると、ヴェレス基礎自治体(Општина Велес)の人口は55,340人である。1994年の調査では、56,571人であった。民族別の内訳は以下の通り:

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Rahmi Tekin, Osmanli Atlasi, Istanbul 2003

外部リンク[編集]