ユーロヴェロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
路線図(2014年)

ユーロヴェロ(EuroVelo)はヨーロッパ自転車連盟の推奨する全欧自転車道路網。ヨーロッパ全土を12の長距離ルートで結ぶプロジェクトである。全長6万km、そのうち2万km以上が既に施行されている。

ユーロヴェロのプロジェクトは、その距離と概念上、アメリカ合衆国イーストコースト・グリーンウェイカナダトランス・カナダ・トレイルなどの「グリーンウェイ」プロジェクトと似たものである。

ユーロヴェロのルートは自転車での長距離ツーリングのために設定されたものであるが、もちろん地元での短距離サイクリングにも使用される。従来の自転車道やそれらを繋ぐ新しく計画されたルートなどで構成される。全ルートはまだ完成していない。

ユーロヴェロの一部として認定されるルートの条件は、

  • 傾斜が6%以内であること
  • 2台以上の自転車が併走出来る幅があること
  • 平均一日1000台以上の自動二輪の通行がないこと
  • 距離で80%は舗装されていること
  • 年間毎日通行可能で、30kmごとにサービス設備、50kmごとに宿泊設備、150kmごとに公共交通へのアクセスがあること[1]

ユーロヴェロの全ルート[編集]

南北ルート[編集]

EV 1 - 大西洋岸ルート(Atlantic Coast Route): ノールカップサグレス 8,186 km
EV 3 - ピルグリム・ルート(Pilgrims Route): トロンハイムサンティアゴ・デ・コンポステーラ 5,122 km
EV 5 - フランチジェナ・ローマ街道(Via Romea Francigena): ロンドンローマブリンディシ 3,900 km
EV 7 - ザ・サン・ルート(The Sun Route): ノールカップ〜マルタ 7,305 km
EV 9 - バルト海からアドリア海(アンバー・ルート)(Baltic Sea to Adriatic Sea (Amber Route)): グダニスクプーラ 1,930 km
EV 11 - 東欧ルート(East Europe Route): ノールカップ〜アテネ 5,984 km

東西ルート[編集]

EV 2 - キャピタルズ・ルート(Capitals Route): ゴールウェイモスクワ 5,500 km
EV 4 - 中欧ルート(Central Europe Route): ロズコフキエフ 4,000 km
EV 6 - リバーズ・ルート(Rivers Route): 大西洋岸〜ナントコンスタンツァ 4,448 km
EV 8 - 地中海ルート(Mediterranean Route): カディス〜アテネ〜キプロス 5,888 km
EV 10 - バルト海環状ルート(ハンザ・サーキット)(Baltic Sea Cycle Route (Hansa circuit)): 7,980 km
EV 12 - 北海環状ルート(North Sea Cycle Route): 5,932 km

全行程:66,175km

ユーロヴェロの目的と行政[編集]

ユーロヴェロの目的は、より多くの人々に自動車より自転車を推奨することである。自転車で大陸横断するものもあるが、地元で短い距離を自転車に乗る場合がほとんどである。

自転車道路の開発は欧州全域で、国単位、地域・地方自治体単位や、NGO等によって行う。国際的地位にすることによって、建設に対し資金面や政治的な支援を得られやすくする。ユーロヴェロ運営者の承認したルートのみがユーロヴェロの名称が使用できる。

脚注[編集]

外部リンク[編集]