クラーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クラーニ市
Kranj.jpg
スロベニアにおけるクラーニの位置
面積: 148.0km²
市長: Damijan Perne
人口
 - 男性
 - 女性
53,000(2007年時点)人
24,739人
26,486人
平均年齢: 37.38歳
住宅区域:
 - 世帯数:
 - 家族数:
27.93m²/人
18,190
14,554
労働者:
 - 失業者:
25,010人
2,925人
平均月収 (2003年):
 - 総計:
 - 正味:
 
260,359SIT
163,899SIT
大学生徒数: 2,280人
スロベニア共和国統計局、 2002年度の国勢調査より(*印の項目を除く)

クラーニKranj:Krainburg)またはクランは、スロベニアの11の特別市のうちの一都市。

概要[編集]

スロベニアの首都であるリュブリャナから西に約20km離れた場所に位置し、スロベニア国内では4番目の人口規模を持つ都市である。交通網が発達しているためエレクトロニクス産業が盛んであり、工場が多く立地している。

歴史的なゴレンスカ地方(スロベニア語: Kranjska)はクラーニにちなんで名付けられた。中世初期には、地方の首都であった。

市は現在、サッカー、テニス、バスケットボールといったスポーツ施設のためよく知られている。国内最大級のアクアティック・センターもあり、2003年のヨーロッパ男子水球選手権(女子水球選手権開催地のリュブリャナと並行)が開催された。毎年開催されるTeden Mladih(若者の週)祭りは非常に人気である。

市の中核は保存状態の良い中世の旧市街である。コクラ川とサヴァ川の合流地点が旧市街にある。

地理[編集]

プレシェルノヴァ通り

市は鉄道と高速道で、リュブリャナ、イェセニツェフィラッハミュンヘンとつながっている。リュブリャナ空港はクラーニに非常に近い。

ランドマーク[編集]

聖カンティアヌス教会[編集]

カンティアヌス教会(Cerkev Sv. Kancija, Kancijana, Kancijanile in Prota)は、クラーニ最大の教会である。クラーニ教区、助祭座がある。14世紀に建設された。建設と委任はクラーニ伯爵によって行われた[1]

キシュルシュタイン城[編集]

城は16世紀半ば、ヤンジュ・キスル男爵によって建てられた。その後の所有者は、モスコン家、ラヴバル家、アプファルトレル家、アウスペルグ家、パグリアルッジ家の間を転々とした。建物は1952年に、亡くなる直前の建築家ヨジェ・プレツニクによって修繕された。城の庭園は現在コンサート会場として使用されている。

姉妹都市[編集]

ギャラリー[編集]

広場 
サヴァ川 
市内を流れるサヴァ川 
市内の風景 

参照[編集]

外部リンク[編集]