カラカラ浴場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カラカラ浴場の遺跡

カラカラ浴場(カラカラよくじょう、イタリア語: Terme di Caracalla)は、イタリアローマにかつてあった、古代ローマ公衆浴場カラカッラ浴場と表記されることもある。

構造[編集]

当時のカラカラ浴場の内部の想像図

212年から216年にかけて、カラカラ帝の治世に造営された。構成は225mの長さに185mの幅、おおよその高さは38.5mほどで、あちらこちらに2,000から3,000の浴槽を設置できた。「フリギダリウム(frigidarium)」と呼ばれる冷室と 「テピダリウム(tepidarium)」と呼ばれるこの浴場には温室と「カルダリウム(caldarium)」と呼ばれる熱室と二つの「パライストラ」という、今でいうジムのようなものさえあった。機構の一部はまた水を引き入れるaqueductw:en:thermaeあるいは貯水所)であった。

建物は「ハイポカウスト」というシステムによって加熱されていた。供されたアクエドュクトによって付加された水の加熱をするために、地下で石炭を燃焼させるシステムである。これは19世紀まで使用されてきた。

建設目的[編集]

カラカラ浴場の建物群は、ただの浴場よりもむしろ娯楽性の高いレジャー施設であった。また、古代ローマの帝政期以降は男性間の同性愛行為がごく自然な性行為と見なされていた事もあり発展場としての役割もあった。「浴場」は公立図書館の建物群の中の附属建造物であり、この図書館は同じ大きさの2つの部屋にそれぞれギリシャ語ラテン語の書物が収蔵されていた。

現在[編集]

20世紀のはじめ、この浴場のデザインは幾つかの現代建築のインスピレーションとして用いられた。それにはバングラデシュ首都ダッカ議会庁舎とアメリカニューヨークペンシルベニア駅が含まれる。

遺跡はオペラシーズンのローマ歌劇場のバックドロップとして建っている。1960年ローマオリンピックの間の器械体操競技会や1990年イタリアFIFAワールドカップ決勝前夜の三大テノールのコンサートのように現代のイベントの開催地の1つになってきており、また、ローマの観光名所の1つとしても親しまれている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • [1] History Channel website for ROME: ENGINEERING AN EMPIRE. Take the video tour and see the Flash presentation on the Baths. Also see the Video Gallery for a short movie on the Baths.
  • Baths of Caracalla Virtual 360° panorama and photos of the ruins.