カストルとポルックス神殿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Rmn-social-header-1-.svg
カストルとポルックス神殿
RomaForoRomanoTempioCastori.jpg
カストルとポルックス神殿
所在地 第8区域 フォルム・ロマヌム
建設年 紀元前495年
建設者 不明
建築様式 ローマ神殿
関連項目 無し
Blue pog.svg
カストルとポルックス神殿

カストルとポルックス神殿またはディオスクーリ神殿イタリア語: Tempio dei Dioscuri)はローマフォロ・ロマーノにある古代の建築物である。紀元前495年、レギッルス湖畔の戦いの勝利への感謝を込めて建設された。カストルポルックス(ギリシア語ではポリュデウケース)はディオスクーロイまたはジェミニ(双子)と呼ばれ、ゼウスユーピテル)とレーダーの双子の息子を意味する。その信仰はギリシャからマグナ・グラエキアを経由して南イタリアのギリシア文化と共にローマにもたらされた。

歴史[編集]

王政ローマ最後の王タルクィニウス・スペルブスはローマを追放された後、ラテン人たちと共に成立間もない共和政ローマと戦った。この戦いの前に、ローマの独裁官アウルス・ポストゥミウス・アルブスは、戦いに勝ったらディオスクーロイの神殿を建立することを誓った。

伝説によれば、カストルとポルックスは2人の有能な騎手として戦場に現れ、ローマ側に加勢したという。また、ローマが勝利した後にもフォルム・ロマヌムのユートゥルナの泉に現れ、馬に水を飲ませたという。神殿は彼らが現れたと言われている場所に建てられた。ポストゥミウスの息子が神殿を完成させたのは紀元前484年のことだった。

共和政時代、この神殿は元老院の会議の場所として使われ、紀元前2世紀中ごろからは正面の階段が話者の演台として役立った。帝国期になると、この神殿は度量衡を監督する役所が設けられ、国家の宝物庫とされた。

紀元前117年、ルシウス・カエシリウス・メテッルス・ダルマティクスはダルマチア人に勝利したことを記念して、この神殿を修復し拡張した。紀元前73年には、ガイウス・ヴェレスがさらに修復を行った。

紀元前14年、フォルム・ロマヌムの主要部分が火災で焼け落ち、この神殿も破壊された。これを再建したのは、後に第2代皇帝となったティベリウスである。新たな神殿が完成したのは紀元6年のことだった。現在遺跡として残っているのはこのティベリウスが建てた神殿の一部である。ただし、土台はメテッルスの時代のものである。

エドワード・ギボンによれば、カストルとポルックス神殿は元老院の秘密会談の場所として使われていたという。237年、元老院がマクシミヌス・トラクスを退位させゴルディアヌス1世を新たな皇帝にするという相談をしたのがこの神殿だったという。

建築[編集]

周柱式8柱式神殿で、短辺に8本のコリント式柱があり、長辺に11本の柱があった。内陣は一部屋で、壁面はモザイクで覆われていた。土台は32m×49.5mの広さで、高さは7mあった。ローマン・コンクリート製で、元々は凝灰岩の板で覆われていたが、後に除去された。古代の文献では土台部分に上がる階段は中央に1つだけとされていたが、発掘によって2つの面に階段があったことがわかっている。

現在の遺跡[編集]

フォロ・ロマーノの多くの建築物と同様、この神殿も15世紀の長きに渡って破壊・略奪にさらされ、廃墟と化した。神殿は紀元4世紀にもそのまま建っていたが、その後の歴史は不明であり、15世紀には3本の柱だけが残っていた。その付近を通る道は via Trium Columnarum(直訳すると「3本の柱通り」)と呼ばれていた。1760年、崩壊寸前の柱を修復するため、足場を建設した。ジョヴァンニ・バッティスタ・ピラネージとイギリス人建築家ジョージ・ダンスがその足場に登り、正確な計測を行った。ダンスは「世界中のコリント式円柱の中でも最も素晴らしい」と父への書簡に記している[1]

今日、土台には外装がなく、3本の柱とエンタブラチュアの一部が建っていて、フォロ・ロマーノの中でも最も有名な遺跡のひとつとなっている。

脚注・出典[編集]

  1. ^ Quoted in Frank Salmon, "'Storming the Campo Vaccino': British Architects and the Antique Buildings of Rome after Waterloo" Architectural History 38 (1995:146-175) p. 149f.

外部リンク[編集]

座標: 北緯41度53分29.88秒 東経12度29分8.74秒 / 北緯41.8916333度 東経12.4857611度 / 41.8916333; 12.4857611