チェリオ (イタリア)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ローマの七丘
チェリオからの眺め(西側)

チェリオイタリア語Celio)とは、ローマの七丘の一つで南東に位置する。古代ローマ時代はラテン語カエリウス (Caelius) と呼ばれていた。西のパラティーノ、北東のエスクイリーノに挟まれた位置にある。

伝承によれば、王政時代トゥッルス・ホスティリウスアルバ・ロンガを破壊したときにアルバからローマに移住した人々がカエリウスの丘に住んだという。

20世紀末時点の標高は51mであり、エスクイリーノの58mに次いで高い。テヴェレ川より東にちょうど1km離れている。北にコンスタンティヌス帝凱旋門をはさみ、コロッセオが隣接する。帝政時代には、南に隣接して水道橋が、東に隣接してクラウディウスの神殿が存在した。

教会[編集]

他のローマの七つの丘[編集]

執筆の途中です この「チェリオ (イタリア)」は、イタリアに関連した書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正等して下さる協力者を求めていますP:イタリア/PJイタリア)。