アヴェンティーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アヴェンティーノ
鍵穴(聖ヨハネ騎士団の館)<it:Villa del Priorato di Malta>のサン・ピエトロ大聖堂

アヴェンティーノ(イタリア語: Aventino)、アウェンティヌスラテン語: Aventinus[1]は、ローマの七丘の一つで、ローマの起源となった場所である。チルコ・マッシモを挟んだパラティーノの丘の西側、チェリオの丘の南西にある[2]。つまり、テルミニ駅からは最も遠い丘となる。

この丘の領域内、北西部[3]には5世紀頃に起源を遡るサンタ・サビーナ聖堂[4]がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 平凡社世界大百科事典』(平凡社)、30巻、444頁、1988年
  2. ^ 昭文社 「イタリア2013」、『マップルマガジン』 (昭文社)第2691号37頁、2012年ISBN 978-4398269591 
  3. ^ 「ローマ古寺巡礼/出雲・石見・隠岐の神楽」、『季刊文化遺産』 (島根県並河萬里写真財団)表2頁、2004年ISBN 4-921070-17-2 
  4. ^ 浅香正、サンタ・サビーナ聖堂 「ローマ古寺巡礼/出雲・石見・隠岐の神楽」、『季刊文化遺産』 (島根県並河萬里写真財団)28-29頁、2004年ISBN 4-921070-17-2 

関連項目[編集]

他のローマの七つの丘[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯41度53分00秒 東経12度29分00秒 / 北緯41.883333度 東経12.483333度 / 41.883333; 12.483333