タルクィニウス・スペルブス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルキウス・タルクィニウス・スペルブス
Lucius Tarquinius Superbus
ローマ
Tarquinius-Superbus.jpg
ルキウス・タルクィニウス・スペルブス
在位 紀元前535年紀元前509年
別号 傲慢王
出生 不詳
死去 紀元前496年
クルシウム
配偶者 トゥーリア英語版
子女 セクストゥス・タルクィニウス英語版
王家 タルクィニウス家
父親 タルクィニウス・プリスクス
母親 タナクィル英語版
テンプレートを表示

ルキウス・タルクィニウス・スペルブス: Lucius Tarquinius Superbus)は、王政ローマ最後の王(在位:紀元前535年 - 紀元前509年)。タルクィニウスが追放されローマは共和政に移った。

ルキウス・タルクィニウス・プリスクスの息子。先代の王であるセルウィウス・トゥッリウスの婿にあたる。傲慢王(Tarquinius Superbus)という名で知られ、ルキウス・ユニウス・ブルトゥスによってローマから追放された。

生涯[編集]

伝承によれば、先王セルウィリウスが殺害されるとラティウム地方に覇権を伸ばしたと言う。また先代から王位を受け継がなかった事に非常に不満を覚え、また彼の妻トゥーリアは先王の娘であったが、父親の殺害の中心的人物だったとも伝えられている。少なくともタルクィニウスとトゥーリアがセルウィリウスの殺害に何らかの形で関わったのは間違いないとされている。

セルウィリウスを排除すると妻の助けも得て、タルクィニウスは王の諮問機関である元老院を召集、自らを王と宣言する。そして先王に関わった元老院の人物を殺害していった。そしてローマの全権力を自分に集中させ、専制を築き上げようとする。対外的にはラテン人エトルリア人と争い、国内では身分の低い者の武器を取り上げ、王の威厳を高める彫像を建立させた。

紀元前510年に王子セクストゥス・タルクィニウス英語版強姦に端を発するルクレティアの自殺[1]をきっかけにルキウス・ユニウス・ブルトゥスがタルクィニウスに反旗を翻し、彼の演説に同調したローマ民衆によって翌紀元前509年に追放された。彼の祖先はエトルリア系だったので、他のエトルリア都市もとくにラルス・ポルセンナ英語版はタルクィニウスの復位を支援した。

タルクィニウスは共和政となったローマと戦ったがレギッルス湖の戦いで敗北。結局、王位に戻る事なく紀元前496年頃にクルシウムにて没した。

脚注[編集]

  1. ^ シェイクスピアの『ルークリース凌辱』(1594年作)のモデルとなった事件
先代:
セルウィウス・トゥッリウス
王政ローマの王
第7代
紀元前535年 - 紀元前509年
次代:
王政廃止