チルコ・マッシモ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チルコ・マッシモ。後方は皇帝の宮殿であった建物

チルコ・マッシモCirco Massimo)は、ローマの古代遺跡で10万人以上収容できたと言われる大競技場である。ラテン語ではキルクス・マクシムスCircus Maximus)と呼ばれ、「キルクス」は「競技場」を意味し「マクシムス」は「最大の」といった意味であった。

アヴェンティーノパラティーノの間にあり、伝承によれば王政期ローマの王でエトルリア系とされるタルクィニウス・プリスクスによって建造されたとされる。その後、カエサルや後のローマ皇帝によって拡大されていった。チルコ・マッシモで最も有名なイベントは、映画『ベンハー』でもおなじみの戦車レースであった。現在は単なる野原となっている。

2006年7月9日に行われたサッカーのワールドカップで優勝したイタリア代表の祝勝会や、ロックバンドなどのコンサートが行われたり、現代でもイベント会場として利用されている。

関連項目[編集]

ギャラリー[編集]

alt text
パラティーノからの眺め
執筆の途中です この「チルコ・マッシモ」は、イタリア歴史関連の書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などして下さる協力者を求めています。(PJイタリア/P:イタリア