ヴィミナーレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴィミナーレイタリア語: Viminaleラテン語: Viminalis ウィミナリス)は、ローマの街の元になったローマの七丘の一つ。ヴィミナーレの丘(イタリア語: Colle Viminaleラテン語: Collis Viminalis ウィミナリスの丘)とも表記される。

概要[編集]

北西にクイリナリスの丘、南東にエスクイリヌスの丘がある。 南西方向に舌のように突き出した丘の長さは約700m、面積24ha、標高は50mから57m(かつてはもう少し高かった)である。古代ローマ時代においてローマの七丘の中では最も重要性が低く、重要な公共施設もほとんど建設されなかった。また、主要な道路もこの丘の端をかすめるように通っていた[1]

現在、20世紀初頭に建てられたヴィミナーレ宮殿内務省が入居)やローマ歌劇場などのランドマーク的施設がヴィミナーレの丘にある。また、丘の北東端付近には、長距離鉄道のターミナル駅であるテルミニ駅ローマ国立博物館ディオクレティアヌス浴場跡などがある。

古代ローマ時代の地形と位置関係 [編集]

紀元前31年のローマの地図上に示した、ローマの七丘およびその他の主要地形の名称。都市を囲む黒点線はセルウィウス城壁

初期ローマの七丘

都市ローマ成立前に人が定住したと伝えられる七丘で、オッピウス(オッピオ)、パラティウム(パラティーノの東側)、ウェリア(ヴェーリア)、ファグタル(オッピオの一部)、ケルマルス(パラティーノの西側)、カエリウス(チェリオ)、キスピウス英語版の7つである。 ※カッコ内は現代のイタリア語での表記

ローマの七丘

都市ローマの起源となったローマの七丘は、アウェンティヌス(アヴェンティーノ)、カピトリヌス(カンピドリオ)、カエリウス(チェリオ)、エスクイリヌス(エスクイリーノ)、パラティヌス(パラティーノ)、クイリナリス(クイリナーレ)、ウィミナリス(ヴィミナーレ)の7つである。 ※カッコ内は現代のイタリア語での表記

現代のローマ七丘

アウェンティヌス(アヴェンティーノ)、カピトリヌス(カンピドリオ)、パラティヌス(パラティーノ)、クイリナリス(クイリナーレ)、ホルトゥロルム(ピンチョ)、ヤニクルム(ジャニコロ)、オッピウス(オッピオ)の7つ[2]である。 ※カッコ内は現代のイタリア語での表記

見どころ[編集]

アクセス[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Samuel Ball Platner, A Topographical Dictionary of Ancient Rome Viminalis Collis London: Oxford University Press, 1929
  2. ^ 「ローマ七丘」、『世界大百科事典』(平凡社)、1988年。