サートゥルヌス神殿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯41度53分33.07秒 東経12度29分3.06秒 / 北緯41.8925194度 東経12.4841833度 / 41.8925194; 12.4841833

Rmn-social-header-1-.svg
サートゥルヌス神殿
ForumRomanum.jpg
所在地 第8区 フォルム・ロマヌム
建設年 紀元前501年
建設者 タルクィニウス・スペルブス
建築様式 古代ローマの神殿
関連項目 無し
Blue pog.svg
サートゥルヌス神殿

サートゥルヌス神殿ラテン語: Templum Saturni または Aedes Saturnusイタリア語: Tempio di Saturno)は、ローマ神話の神サートゥルヌスを祭った神殿で、イタリアローマフォロ・ロマーノの西端にある。

考古学[編集]

徐々に崩壊してほとんど何も残っていないが、正面のポルチコ部分として8本のペディメントの一部だけが残存している。ペディメントには Senatus Populusque Romanus incendio consumptum restituit と刻まれており、元老院ローマ市民が火災で失われたものを復元したことを意味している。

歴史[編集]

一部の文献は王政ローマの最後の王タルクィニウス・スペルブスが建てたとしており、別の文献はルキウス・フリウスだとしている。ただし後者については、ガリア人による放火(紀元前4世紀初めごろのブレンヌスによるローマ侵略)の後の修復を指していると考えられる。

共和政ローマ時代の国有財産をここに保管していたため、「アエラリウム (Aerarium)」すなわち「国庫」とも呼ばれた。この神殿はカンピドリオの丘まで続く古い坂道クリヴス・カピトリヌスの起点に位置していた。

現在の廃墟は3代目のサートゥルヌス神殿であり、2代目は283年に火災で破壊された。

内部[編集]

文献によると、内部にはベールで覆われて大鎌を持ったサートゥルヌスの木像があった。その脚には亜麻布が巻かれており、12月17日のサートゥルナーリアのときだけ解かれたという。

サートゥルヌスに捧げられた神殿だが、その第一の用途は共和政ローマの宝物庫アエラリウムであり[1]、国の保有するが収められていた。さらに、国家の公文書、重量単位の基準となる金属製の原器が収められていた。アエラリウムは後に別の建物に移され、公文書は近くのタブラリウム(公文書館)に移された。神殿の土台はコンクリートをトラバーチンで覆ったもので、ビラ貼りに使われていた。

脚注・出典[編集]