ティトゥス・ラルキウス・フラウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ティトゥス・ラルキウス・フラウスラテン語: Titus Larcius Flavus、生没年不詳、紀元前6世紀)は、共和政ローマ初期の人物。紀元前501年執政官を務めた。

執政官に選ばれた時、彼は独裁官にも選ばれ、前王タルクィニウス・スペルブスを復古させようとするラテン人都市との戦いの指揮を執った。また3年後にはラテン人都市への従軍を拒否したプレブスに対して債務を無効とするなどの処置を施している。彼はラテン諸都市に対して高圧な態度を好まず、またプレブスの向上のために尽くした。