フリギダリウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
The Frigidarium (1890) ローレンス・アルマ=タデマ

フリギダリウムラテン語: frigidarium)は、古代ローマの公衆浴場で熱い風呂を楽しんだ後に入る大きな冷水のプールがある部屋である。カルダリウムテピダリウムは皮膚の毛穴を広げる。その後、冷たい水に入ることで汗腺を閉じる。プールは小さい場合もあるが、水泳もできる大きなプールの場合もある。

差し渡しが5m以上の八角形のフリギダリウムの遺構が2006年ケントFaversham近郊の農場で発掘された。冷水を供給する大きなレンガ製の導管があった。壁は塗装された漆喰で装飾され、床からはモザイク用の着色したタイルの小片が見つかっている。このような遺跡としてはイングランド南東部では初の発見である。八角形のフリギダリウムは、キリスト教徒洗礼ユダヤ教沐浴に使われた可能性もあると示唆されている (Pitts, 2006)。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • Baths of the Forum
  • Pitts, M. 2006. Roman pool may be for early Christian baptism. British Archaeology 91: 8