モンゴル人の名前

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

本記事では、モンゴル人の名前の原理について解説する。

苗字とオボク[編集]

モンゴル社会の近代化[編集]

モンゴル人は、基本的に(家族名、family name)をもたなかったが、20世紀以降、モンゴル人の居住地域はソ連(現ロシア)領(ブリヤートカルムイク)、独立国家のモンゴル人民共和国(現モンゴル国)、中国領(内蒙古青海新疆)など3カ国に分断、それぞれが独自にや、家族名の役割をはたす呼称についての習慣を確立していく。

モンゴル人民共和国(モンゴル国)のモンゴル人
基本的に父の名(状況によって母の名)を「家族名」の代用として使用する習慣が成立した。
ロシア(旧ソ連)領のモンゴル人
父の名を「家族名」とするのに加え、「父称」を用いるロシア(ソ連)式習慣を付加
中国領のモンゴル人
家族間では民族名を用いる一方、公的場面では中国姓・中国名を名乗る
オボク(氏族名)+個人名をなのる

用例[編集]

モンゴル国における用例[編集]

基本的に父の名を「家族名」の代用として使用する慣用が確立された。

婚外子、父が不明、事情があり父の名を用いたくない等の場合は母の名が使用される。

元横綱朝青龍と兄弟
この3兄弟の場合、「ドルゴルスレン」が父の名、「-ギーン」が所属を示す属格助辞で「ドルゴルスレンの(息子)~」の意、ダグワドルジ・スミヤバザル・セルジブデの部分が本人たちの固有の名。ただし、引退後の元朝青龍は、「ドルゴルスレン・ダグワドルジ氏」と報道等で紹介されることが多く、大抵「-ギーン」が省略されることが多い。
ペルジディーン・ゲンドゥンモンゴル人民共和国初期の指導者、首相任1924-1937)
母の名「ペルジド」、「-ィーン」が属格助辞、本人固有の名「ゲンドゥン」
ホルローギーン・チョイバルサンモンゴル人民共和国初期の指導者)
母の名「ホルロー」、「-ギーン」が属格助辞、本人固有の名「チョイバルサン」
アナンディーン・アマルモンゴル人民共和国初期の指導者、首相任1937-1939)
父の名「アナンダ」、「-ィーン」が属格助辞、「アマル」が本人固有の名。

ロシア(旧ソ連)ブリヤート、カルムイクにおける例[編集]

ツェヴェーン・ジャムツァラノビッチ・ジャムツアラーノブリヤート人)
ジャムサラン・ツェヴェーン(モンゴル語文献で、モンゴル式に表記された場合)
「ツェヴェーン」が本人の固有名、父の名は「ジャムツァル(推定)」、「ジャムツァラノビッチ」が父称、ジャムツァラーノが父の名に基づく「家族名」。

中国・内蒙古の例[編集]

中華人民共和国内の「モンゴル族」の命名原理としては、以下のような例がある。