韓王信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

韓王 信(かんおう しん、? - 紀元前196年)は、末から前漢初期にかけての武将、政治家。楚漢戦争期の王。

この人物の姓名は韓信であるが、同時代に同姓同名で劉邦に仕えた淮陰侯韓信がいる。この人物のほうが歴史上有名であることから、本記事で扱う韓信は混乱を避けるため、「韓王信」と呼称されるのが通例である。ただし、司馬遷の『史記』「韓信盧綰列伝」で扱われているのは韓王信の方である(淮陰侯韓信は「淮陰侯列伝」で扱われる)。

戦国時代の韓の襄王の妾腹の孫として生まれるが、まだ年少だった紀元前230年に韓が滅亡し、王族の身分を失う。

秦末の動乱期に項梁張良によって韓王に擁立された横陽君の韓成は信の族父(おじ)に当たるが、成は秦滅亡後に項羽の不興を買って殺害された。楚漢戦争初期、信は張良の推薦で劉邦から韓の太尉(軍事担当宰相)に任命され、その後に韓王に封じられる。以後、劉邦の配下として楚漢戦争に参加した。なお、韓王信は劉邦が初めて封じた諸侯王である。

楚漢戦争が終結して劉邦が皇帝となると、韓王信は匈奴への備えのため、太原郡を韓と改名してそこに遷される。間もなく匈奴が領内に侵攻し、信は冒頓単于と休戦交渉を行おうとするが、このことが裏切り行為と見なされ、やむなく匈奴に投降した。以後、匈奴の将軍として漢軍とたびたび交戦するが、紀元前196年に陳武(柴武)との戦いに敗れて斬られた。

なお、武帝の寵臣であった韓嫣韓説は韓王信の曾孫に当たる。

身長8尺5寸(約195cm)の長身であった。