劉拠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

劉 拠(りゅう きょ、 紀元前128年 - 紀元前91年)は、前漢武帝の長男で皇太子。母は武帝の皇后衛子夫。悼皇考(史皇孫)劉進は子、宣帝は孫である。戻太子(れいたいし)と呼称されることも多い。

生涯[編集]

武帝の長男として生まれ、元狩元年(紀元前122年)に皇太子に立てられた。母が父の寵愛を失った後も皇太子としての地位を保っていた。『春秋公羊伝』、『春秋穀梁伝』を学んだ。

武帝は晩年に江充という者を信任し、監察官の役目を命じていたが、江充は権勢家や皇族であっても弾劾し、皇太子のことも弾劾した。このことから、劉拠と江充は対立するようになった。

江充は、巫蠱の獄の取り調べに当たり、皇后や皇太子の宮殿からも証拠を発見した(『漢書』江充伝顔師古注引『三輔旧事』によると、江充の狂言だという)。このことを知った劉拠は、このままでは誅殺されるしかないと考え、長安で挙兵し、江充を逮捕した。

この時、劉拠は江充に向かって、「の下郎よ! お前の国の国王父子(趙敬粛王劉彭祖と太子劉丹)の仲を裂くだけでは足りず、今度はわれら父子の仲まで裂こうというのか」と罵って、目の前で江充を斬殺した。また、取り調べに従事した韓説も殺害した。

しかしこのことが、当時長安を離れて甘泉宮に出かけていた父・武帝に伝わると、皇太子が謀反を起こしたとして、丞相劉屈釐に討伐を命じた。劉拠は丞相と交戦し、長安を戦火に巻き込んだものの衆寡敵せず、長安から東方にある湖県の泉鳩里のある靴屋の下に逃れて潜伏した。しかし、途中で新安県の属吏・李寿らの追っ手に取り囲まれて自殺した。劉拠の挙兵と失敗により、嗣子の劉進(史皇孫)を初めとした彼の妻子は謀反人の家族として、当時乳飲み子だった劉病已(劉進の子、後の宣帝)を除いて処刑された。また、生母・衛子夫も皇后の地位を剥奪され、自殺させられ、劉拠を逃がした田叔末子の田仁一族が処刑された。

だが、事件の背景が明らかとなり、江充の悪事の数々が暴露されると、劉拠たちの名誉は回復され、逆に江充の一族が皆殺しにされた。また、巫蠱取り調べに同行した宦官・蘇文も火あぶりにされた。この一連の事件を、巫蠱の獄という。武帝はわが子が冤罪で死んだことを悼んで涙を流したという。太子が没した湖県に思子宮(意味は子を思う宮殿)を建設した。

孫にあたる宣帝が即位した後、劉拠には「戻」という諡が贈られ、戻太子と呼ばれるようになった。

偽皇太子事件[編集]

一方、皇太子生存という巷の噂も根強く残っていたようである。始元五年(紀元前82年)に、黄色い牛車に乗った男が長安の未央宮に突然、姿を現した。その男は「自分こそ、かつての皇太子劉拠である」と名乗り出た。城内では多くの人々に囲まれていた。皇太子と名乗った男を見て、丞相田千秋御史大夫桑弘羊以下もあまりにもその男が亡き太子に似ているために、何も言い出せなかったという。そこに京兆尹雋不疑がやって来ると、雋不疑はこの男を見て「太子はかつて先帝に刃を向けて罪を受けた身である。それが今頃になってやって来たところで罪人には変わりは無い」と述べて、その男を逮捕投獄した。その取り調べの結果、その男は夏陽県出身の姓は成方、名は遂なる者(『漢書』雋不疑伝には「姓は張、名は延年であった」という異説も載せられている)で、亡き太子の家臣の知人で、自分が太子に似ているということで富貴を得たくなり、一芝居を打ってみたということであった。その男は処刑された。