尹賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

尹 賞(いん しょう、生没年不明)は、中国三国時代の武将、政治家。蜀漢に仕えた。『三国志』蜀志「姜維伝」に記録がある。

魏の天水郡において主簿を務めていた。228年、天水太守(『魏略』によると馬遵)と共に巡察に出ていたところ、蜀の諸葛亮が侵攻(北伐)し、諸県の住民が蜀に靡いたため、太守は郡の治所の冀県に戻らず上邽に逃亡した。尹賞は梁緒や姜維とともに置き去りにされ、上邽や冀県への入城も拒否されたため、止むを得ず諸葛亮の下に出頭した。街亭の戦いで蜀軍が敗れた後も、姜維らとともにそのまま蜀に帰属し、執金吾まで昇ったが、姜維より先に死去したという。

三国志演義』にも登場する。