李延年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

李 延年(り えんねん、生没年不詳)は、前漢の人。漢の武帝に仕えた楽人。中山の人。妹は武帝の寵姫李夫人。兄弟に漢の将軍となった李広利がいる。

略歴[編集]

父母や兄弟は皆楽人であった。李延年は宮刑を受け、宦官となり皇帝の飼い犬の世話をしていた。

李延年は歌舞を得意とし、司馬相如らが作った詩に新たな曲を作るごとに聞く者を感動させた。

その後、妹が武帝に寵愛され、彼女は李夫人と呼ばれるようになった。李夫人は男子を産んだが早死にした。その後、李延年は協律都尉に任命されて二千石の印綬を帯び、武帝と寝起きを共にするほど寵愛された。

李夫人の産んだ子、劉髆は昌邑王に封じられた。また李夫人の兄の李広利は将軍となり、大宛匈奴と戦った。李延年の弟の季は後宮の女性と姦淫した。李夫人の死後、李延年への寵愛も衰え、武帝は李延年や兄弟、宗族を誅殺した。

参考文献[編集]

  • 班固著『漢書』巻93李延年伝、巻97上李夫人伝