狗邪韓国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

狗邪韓国(くやかんこく)は、3世紀中ごろ、朝鮮半島南部に存在した倭国内の領域政権。狗邪韓国の成立時期は不詳。中国正史三国志』『後漢書』に登場する。

狗邪韓国(くやかんこく)は任那(みまな)との関連性が指摘されている。(任那を参照)

中国の正史に登場する狗邪韓国[編集]

三国志[編集]

『三国志』「魏書」東夷伝倭人条に(帯方)郡より倭に至るに、海岸にしたがひて水行し、韓国をあるいは南しあるいは東し、の北岸の狗邪韓国に到る。
七千余里。始めて一海をわたること、千余里にして対馬国に至る[1]とある[2]

また、同じ『三国志』「魏書」東夷伝韓条では「韓は帯方郡の南にあり、東西は海を限界とし、南は倭と接し、四方は四千里ばかり。韓には三種あり、一に馬韓、二に辰韓、三に弁韓辰韓とは昔の辰国のことで馬韓は西にある」とし[3]、韓と倭は接している(陸続きである)と記述している。

なお弁辰十二国の中には「狗邪」がつく「弁辰狗邪国」が見受けられるが、こちらは「首露王」による建国の「伽耶」に比定されることでほぼ収まっている現状である[4]

後漢書[編集]

後漢書[5]東夷伝倭人条では「は韓の東南、大海中の山島によっており、およそ百余国ある。(前漢の)武帝(衛氏)朝鮮を滅ぼしてから、三十余国が漢に使訳を通じてきた。国では皆が王を称することが代々の伝統である。そこの大倭王は、邪馬臺国に居する。楽浪郡の境界から、その国までは一万二千里、その西北端の拘邪韓国から七千余里。その地はだいたい会稽郡東冶の東にあり、朱崖や儋耳と相似しており、その法俗も多くが同じである[6]とあり、狗邪韓国を倭国の西北端と記述している。

脚注[編集]

  1. ^ (渡邉 2012, pp. 173f)
  2. ^ (原文)

    倭人在帶方東南大海之中,依山島爲國邑。舊百餘國,漢時有朝見者,今使譯所通三十國。從郡至倭,循海岸水行,曆韓國,乍南乍東,到其北岸狗邪韓國,七千餘里。始度一海,千餘里至對馬國。

    ウィキソースのロゴ 中国語版ウィキソースに本記事に関連した原文があります:『三国志』卷三十 東夷伝 倭人条

  3. ^ (原文)

    韓在帶方之南,東西以海爲限,南與倭接,方可四千里。有三種,一曰馬韓,二曰辰韓,三曰弁韓。辰韓者,古之辰國也。馬韓在西。

    ウィキソースのロゴ 中国語版ウィキソースに本記事に関連した原文があります:『三国志』卷三十 東夷伝 韓条

  4. ^ (原文)

    弁辰亦十二國,又有諸小別邑,各有渠帥,大者名臣智,其次有險側,次有樊濊,次有殺奚,次有邑借。有已柢國、不斯國、弁辰彌離彌凍國、弁辰接塗國、勤耆國、難彌離彌凍國、弁辰古資彌凍國、弁辰古淳是國、冉奚國、弁辰半路國、弁樂奴國、軍彌國弁軍彌國、弁辰彌烏邪馬國、如湛國、弁辰甘路國、戶路國、州鮮國(馬延國)、弁辰狗邪國、弁辰走漕馬國、弁辰安邪國馬延國、弁辰瀆盧國、斯盧國、優由國。弁、辰韓合二十四國,大國四五千家,小國六七百家,總四五萬戶。

    ウィキソースのロゴ 中国語版ウィキソースに本記事に関連した原文があります:『三国志』卷三十 東夷伝 韓条

  5. ^ 正史としての順番は『三国志』より前だが、成立は『三国志』より遅い。
  6. ^ (原文)

    倭在韩东南大海中,依山岛为居,凡百余国。自武帝灭朝鲜,使驿通于汉者三十许国,国皆称王,世世传统。其大倭王居邪马台国。乐浪郡徼,去其国万二千里,去其西北界拘邪韩国七千余里。其地大较在会稽东冶之东,与硃崖、儋耳相近,故其法俗多同。

    ウィキソースのロゴ 中国語版ウィキソースに本記事に関連した原文があります:『後漢書』卷八十五 東夷列傳 第七十五

関連文献[編集]

関連項目[編集]