ハンド (単位)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハンド (hand)
ハンドブレドス (handbreadth)
記号 h, hh
ヤード・ポンド法
長さ
SI 10.16 cm
定義 4 in
由来 手の幅
テンプレートを表示
手に由来する長さの単位
1: シャフトメント(Shaftment)
2: ハンド(Hand)
3: パーム(Palm)
4: スパン(Span)
5: フィンガー(Finger)
6: ディジット(Digit)

ハンド(hand)またはハンドブレドス(handbreadth)とは、ヤード・ポンド法で用いられる長さの単位である。

handbreadthは幅の意味で、その名前の通り、元は(成人男性の)手の幅に由来する身体尺である。現在は、インチと関連づけられてちょうど4インチ(10.16センチメートル)と定義されている。高さの計量に用いる場合、単位記号としてhまたはhhhands highの略)が用いられる。[1]

ウマの体高の計量に用いるハンド[編集]

今日では、ハンドはアメリカ合衆国オーストラリアイギリスなどにおいてウマポニーなどウマ属の動物の体高の計量に用いられることが多い。この場合、1ハンド=4インチ(10.16 cm)とし、地面から肩甲骨の間の隆起(withers)までの高さを計る。[2]

脚注[編集]

  1. ^ Measuring horses
  2. ^ Shlei, "Just how tall is a hand?" Measuring Equines, The American Donkey and Mule Society, accessdate = 2007-05-19