チェーン (単位)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チェーン (chain)
ヤード・ポンド法
長さ
SI 約20.116 840 234 m(米国測量用の場合)
定義 66フィート
テンプレートを表示

チェーン (chain)は、ヤード・ポンド法における主として測量に用いる長さの単位である。その長さは66フィートに等しい。測量用チェーン(surveyor's chain)、ガンター氏チェーン(Gunter's chain)、land chainとも言う。

アメリカでは測量には、測量フィート( = 正確に1200/3937メートル = 約0.304 800 609 601 219メートル)が用いられるため、1チェーンは、66測量フィートSurvey foot)と定義されており、1 チェーン = 約20.116 840 234メートルである。

イギリスやカナダではフィートとして国際フィートInternational foot = 正確に0.3048メートル)を用いるので、1 チェーン = 正確に20.116 8メートルである。

単位の換算[編集]

1チェーンは、以下の長さに正確に等しい。

また、1チェーン×1ハロンの面積が1エーカーであり、チェーンは「1エーカーの幅」としても知られている。

歴史[編集]

チェーンの長さおよびその言葉は、かつて陸地の測量用に使用されていた、鏈尺(れんじゃく)の一種である「測鎖」に由来する。

測鎖は一定の長さの金属製の棒が(チェーン)状につながったもので、長さを測りたい所に測鎖を張って、棒が何本分かで計測を行う。最もよく使われていた測鎖がガンター氏測鎖(en:Gunter's chain)で、それは7.92インチの棒が100本つながったものであった(半端な数になっているのは、ハロンに合わせたためである)。その棒1本の長さが「リンク」(link)という単位となり、測鎖全体の長さが「チェーン」という単位となった。よってチェーンはリンクの100倍である。

イギリスでは、鉄道路線の距離の表示にマイルとチェーンが使われた。日本ではイギリス(北海道のみはアメリカ)の鉄道の技術を導入したため、初期にはイギリス同様、距離の表示にはマイル(M、もしくは哩)とチェーン(C、もしくは鎖)が使われていた[1]

脚注[編集]

  1. ^ 例えば5マイル43チェーンの場合、5M43Cもしくは5哩43鎖の様に表記されていた。

関連項目[編集]

長さの単位
メートル
SI単位)
海里 ヤード チェーン マイル
1 m = 1 ≈ 0.00053996 ≈ 1.0936 ≈ 0.049710 ≈ 0.00062137 = 3.3 = 0.55 ≈ 0.0091667 ≈ 0.00025463
1 M = 1852 = 1 ≈ 2025.4 ≈ 92.062 ≈ 1.1508 = 6111.6 = 1018.6 ≈ 16.9767 ≈ 0.47157
1 yd = 0.9144 ≈ 0.00049374 = 1 ≈ 0.045455 ≈ 0.00056818 = 3.01752 = 0.50292 ≈ 0.0083820 ≈ 0.00023283
1 ch = 20.1168 ≈ 0.010862 = 22 = 1 = 0.0125 = 66.38544 = 11.06424 ≈ 0.18440 ≈ 0.0051223
1 mi = 1609.344 ≈ 0.86898 = 1760 = 80 = 1 = 5310.8352 = 885.1392 ≈ 14.752 ≈ 0.40979
1 尺 ≈ 0.30303 ≈ 0.00016362 ≈ 0.33140 ≈ 0.015064 ≈ 0.00018829 = 1 ~= 0.16667 ≈ 0.0027778 ≈ 0.000077160
1 間 ≈ 1.8182 ≈ 0.00098174 ≈ 1.9884 ≈ 0.090381 ≈ 0.0011298 = 6 = 1 ≈ 0.016667 ≈ 0.00046296
1 町 ≈ 109.09 ≈ 0.058904 ≈ 119.30 ≈ 5.4229 ≈ 0.067786 = 360 = 60 = 1 ≈ 0.027778
1 里 ≈ 3927.2 ≈ 2.1206 ≈ 4294.9 ≈ 195.22 ≈ 2.4403 = 12960 = 2160 = 36 = 1