クロード・マクドナルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サー・クロード・マックスウェル・マクドナルド

サー・クロード・マックスウェル・マクドナルドSir Claude Maxwell MacDonaldGCMGGCVOKCB枢密顧問官1852年 - 1915年9月)は、イギリスの外交官である。駐日英国公使・大使 を務めた。

マクドナルドは自身のことを「外交畑における軍人出身の部外者」[1]と評している。アピンガム校サンドハースト王立陸軍士官学校に学び、1872年にイギリス陸軍ハイランド軽歩兵連隊の将校に任命され、1882年にエジプトアラービー=パシャの反乱1882 Anglo-Egyptian War)が起きると、陸軍省の代表としてカイロに派遣されている。その後、イギリスの保護領であったザンジバル島総領事やニジェール・デルタ(当時はオイル・リヴァーズといった)総領事を務めた。1892年、ナイトの称号を授与され、エセル夫人と結婚した。

陸軍を退職した後、1895年にソールズベリー内閣より北京駐在公使に選任され、1900年までその任にあった。東アジ アでの外交官経験はなかったが、カイロ時代にエジプト総領事クローマー卿に高く評価され、アフリカ駐在時にソールズベリー卿から評価されていたためと考えられている[2]。1900年の義和団の乱では各国の公使館が包囲され、軍隊経験があったマクドナルドは日本公使館の駐在武官であった柴五郎中佐らと協力して、各国の駐在者による篭城戦の指揮をとった。

1900年10月に前任者のアーネスト・サトウとポストを交換して、北京から直接、駐日イギリス公使に赴任した。1905年に初代駐日イギリス大使となり、1912年11月に外交官を引退するまでの長きにわたって日英関係に貢献した。1902年、1905年、1911年の日英同盟の交渉全てに東京で立会い、1906年にイギリス政府から明治天皇ガーター勲章が贈呈されることになりコノート公が使節団の団長として来日するなど、第二次世界大戦前の日英関係が最も良好だった時期にその地位にあった。1906年、ロイヤル・ヴィクトリア勲章(GCVO)を授与され、枢密顧問官に任命された。

イギリス帰国後、マクドナルドは1915年9月に亡くなった。夫人のエセル・マクドナルドは慈善活動を活発に行い、1935年に自身の功績によって大英帝国勲章(DBE)を授与され、1941年に亡くなった。

マクドナルドと競馬[編集]

マクドナルドは1901年(明治34年)から横浜根岸競馬場日本レース・倶楽部会頭を務めた。(代々、駐日英国公使が、同会会頭を務めてきた。)1905年(明治38年)に根岸競馬場で初めて“The Emperor's Cup”というカップ競走が開催されるが、この時の賞品の銀杯は、マクドナルドと明治天皇の個人的関係によって、明治天皇から下賜されたものだった。この“The Emperor's Cup”が現在の天皇賞の起源とされている[3]

参考文献[編集]

  • イアン・ニッシュ著、長岡祥三訳「サー・クロード・マクドナルド 駐日公使・初代大使 1900-12年」(サー・ヒュー・コータッツィ編著『歴代の駐日英国大使 1859-1972』日英文化交流研究会訳、2007年、文眞堂、ISBN 978-4-8309-4587-8
  • 『日本レース・クラブ50年史 ―『日本レース・クラブ小史』解説篇』,日本中央競馬会,鈴木健夫編,1970

脚注[編集]

  1. ^ 『歴代の駐日英国大使 1859-1972』p.179より長岡訳を引用
  2. ^ 『歴代の駐日英国大使 1859-1972』p.177
  3. ^ 『日本レース・クラブ50年史』p56-57
外交職
先代:
アーネスト・サトウ
Flag of the United Kingdom.svg 駐日英国公使・大使
7代公使:1900年 - 1905年
初代大使:1905年 - 1912年
次代:
ウィリアム・カニンガム・グリーン