ウィリアム・ウッドヴィル・ロックヒル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリアム・ウッドヴィル・ロックヒル

ウィリアム・ウッドヴィル・ロックヒルWilliam Woodville Rockhill, 1854年4月1日 - 1914年12月8日)は、アメリカ合衆国政治家外交官東洋学者である。

生涯[編集]

1854年、ロックヒルはペンシルベニア州フィラデルフィアにおいて、トマス・キャドワレイダー・ロックヒル (Thomas Cadwalader Rockhill, 1820-1849) とドロシア・アン・ウッドヴィル (Dorothea Anne Woodville, 1823-1913) の第2子として誕生した[1]。ロックヒルはフランスサン・シール陸軍士官学校に学び、このときにチベット語の学習を開始した[2]。卒業後は北アフリカでフランス外人部隊として働いた[2]

1875年にアメリカ合衆国に帰国し、ニューメキシコ州の牧場で働いた[2]。1881年から再びヨーロッパに渡り、3年間にわたってチベット語・サンスクリット中国語を研究した。1883年から北京にあるアメリカ合衆国公館に勤務した(ただし無給)[2]。このときロックヒルはラサを訪れる計画を立てた。その計画はかなわなかったが、中国西部・モンゴルチベットを歴訪し、その結果1893年に王立地理学会の金メダルを受賞した。ロックヒルは探検の成果をスミソニアン博物館に寄贈した[3]

チベット学者として、ロックヒルはチベット語版の『ウダーナヴァルガ』を翻訳した[4]1884年、ロックヒルはチベット大蔵経をもとに『仏陀の生涯』を英語に翻訳して出版した[5]

ロックヒルは1894年から1896年まで第三国務次官補を、1896年から1897年まで国務次官補を務めた[6]。そして1898年から1899年まではギリシャルーマニア、およびセルビアにおいて合衆国特命全権公使を務めた[6]。このときロックヒルはギリシャのアテネを駐在地とした。

1900年、清で義和団の乱が発生した際、ロックヒルは合衆国の特派員として北京に赴いた。その後1905年から1909年までロックヒルは清で特命全権公使を務めた[6]。このときロックヒルが収集した希少な中国美術品は、合衆国議会図書館に収蔵されている。1908年に、亡命中のダライ・ラマ13世と会談した[2]。ロックヒルは1909年から1911年まで駐ロシア大使[6]1911年から1913年まで駐オスマン帝国大使を[6]務めた。

ロックヒルは1914年ハワイホノルルで死去した。ロックヒルの遺体はコネチカット州リッチフィールドイースト墓地に埋葬された[7]

出典[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
エドワード・ストロベル
アメリカ合衆国第三国務次官補
1894年4月17日 - 1896年2月13日
次代:
ウィリアム・ウッドワード・ボールドウィン
先代:
エドウィン・ウール
アメリカ合衆国国務次官補
1896年2月11日 - 1897年5月10日
次代:
ウィリアム・デイ
先代:
エベン・アレクサンダー
在ギリシャアメリカ合衆国特命全権公使
1897年9月25日 - 1899年4月27日
次代:
アーサー・ハーディー
先代:
エベン・アレクサンダー
在セルビアアメリカ合衆国特命全権公使
1898年5月7日 - 1899年4月27日
次代:
アーサー・ハーディー
先代:
エベン・アレクサンダー
在ルーマニアアメリカ合衆国特命全権公使
1898年5月18日 - 1899年4月27日
次代:
アーサー・ハーディー
先代:
エドウィン・ハード・コンガー
在清国アメリカ合衆国特命全権公使
1905年6月17日 - 1909年6月1日
次代:
ウィリアム・ジェイムズ・カルフーン
先代:
ジョン・リドル
在ロシアアメリカ合衆国特命全権大使
1910年1月11日 - 1911年6月17日
次代:
カーティス・ギルド
先代:
オスカー・ストラウス
在オスマン帝国アメリカ合衆国特命全権大使
1911年8月28日 - 1913年11月20日
次代:
ヘンリー・モーゲンソウ