日英博覧会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日英博覧会の公式ガイドブック

日英博覧会(にちえいはくらんかい)は、イギリスロンドン市ホワイトシティ区で、1910年5月14日から10月29日まで行われた日本政府とイギリスの博覧会会社が共催した博覧会である。

日本にとっては、日露戦争の勝利の結果欧米列強と肩を並べたと自負する植民地経営について誇り、また英国との通商の活性化を狙ったものである。開催期間の合計で835万人の観客が訪れ成功を収めた。

概要[編集]

1902年に結ばれた日英同盟の下、3年あまりの準備期間を経て1910年5月14日から10月29日に開催された。とくに1908年から、外務大臣に就任した小村寿太郎の強力な後押しがあったといわれている。当時、1904年セントルイス万国博覧会の成功が、ポーツマス条約の締結に大きな意味を持っていたと考える政府関係者が多く[1]、博覧会への参加は重視されていた。しかし5月6日にイギリス国王エドワード7世が急逝し、全英が喪に服したために開催が危ぶまれた。開会式は中止され、新聞などが祝祭的な記事報道を自粛したために、残されている記事は少ない。

日本側は開催に際して、208万円の費用を注ぎ込み、会場に置ける敷地面積はそれまでに参加した博覧会を凌ぐ、22,550m2に及んだ。

展示[編集]

日本側[編集]

男爵大浦兼武の筆による「平和」
博覧会で展示されたものの一つ

名誉総裁は伏見宮貞愛親王

主要な施設として、歴史宮・産業宮・芸術宮などがあった。日本の美術品や建築模型が多く展示され、好評を博した。また、東洋宮と呼ばれる区画では、台湾朝鮮満州など植民地経営についての展示が大々的に行われた。赤十字展示を行い、国際社会の一員であることをアピールした。さらに、陸軍からは陸軍戸山学校軍楽隊々長永井建子以下36名の軍楽隊が、海軍からは巡洋艦生駒」(乗員800名)が派遣されている。

これらの公式展示とは別に余興区画がつくられ、数十人の力士団もロンドンに渡って土俵を造って相撲を披露、日本人農民農村風景を描いて米俵製作の実演日本の伝統的な農村風景を紹介した。その他、アイヌや、台湾パイワン族が住み込みで生活の様子や民族舞踏などの展示を行った。また、農学者でもある侯爵松平康荘が『The Culture of Kaki(の栽培)』を出品した。

英国側[編集]

脚注[編集]

  1. ^ *楠元 町子 (2007). “国際関係史から見た万国博覧会 : 一九〇四年セントルイス万国博覧会を中心に”. 法政論叢 43 (2): pp.22-38. http://ci.nii.ac.jp/naid/110006343461. 

遺構[編集]

  • 博覧会の際に作られた日本庭園ハマースミス公園として残っている。
  • 日本建築紹介のために造られた「台徳院霊廟」の建築模型が王室コレクションに残っているという。

関連用語[編集]

参考[編集]

*宮武, 公夫 (2005). “黄色い仮面のオイディプス : アイヌと日英博覧会”. 北海道大学文学研究科紀要 = The Annual Report on Cultural Science (北海道大学文学研究科= The Faculty of Letters, Hokkaido University) 115:  pp.21-58. http://hdl.handle.net/2115/34083.