伏見宮貞愛親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
伏見宮貞愛親王
HIH Fushimi Sadanaru.jpg
元帥陸軍大将 伏見宮貞愛親王
続柄 伏見宮邦家親王第14王子
称号 敦宮
身位 親王
敬称 殿下
出生 1858年6月9日
京都府京都市
死去 1923年2月4日(満64歳没)
千葉県銚子市
埋葬 1923年
豊島岡御陵
配偶者 利子女王
  河野千代子
  增山奈越子
子女 博恭王
邦芳王
昭徳王
禎子女王
父親 伏見宮邦家親王
母親 鷹司景子
テンプレートを表示
伏見宮貞愛親王御遺跡鹽水港御舍營所碑(台湾台南塩水区)

伏見宮貞愛親王(ふしみのみや さだなるしんのう、安政5年4月28日1858年6月9日) - 1923年大正12年)2月4日)は、日本皇族陸軍軍人。官位は元帥陸軍大将大勲位功二級内大臣

伏見宮邦家親王第14王子。母は鷹司政煕の女鷹司景子伏見宮第22代および第24代。

生涯[編集]

幼名は敦宮。親王は始め妙法院を相続したのち孝明天皇の養子となるが、伏見宮貞教親王薨去のため、文久2年(1862年)11月に還俗家督を継ぐ。元治元年(1864年)いったん伏見宮を離れ家督を父宮の邦家親王に渡す。そして明治5年(1872年)再度伏見宮を継承し第24代となる。

親王は皇族として唯一、大正初期に4代目の内大臣を務め、軍人として最高位の元帥陸軍大将に就任したほか、大日本農会大日本蚕糸会在郷軍人会理化学研究所恩賜財団済生会大日本武徳会等の総裁を歴任する。なお、済生会の総裁職はのちに寬仁親王が就任する。

親王は馬術・囲碁・音楽・弓術・撞球・書道・書画刀剣・木石花卉などを趣味とし、銚子犬吠埼の別邸・瑞鶴荘には矢場・撞球場が設けられた(『貞愛親王逸話』)。

経歴[編集]

血縁[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

伏見宮貞愛親王
伏見宮家

1858年6月9日 - 1923年2月4日

先代:
貞教親王
邦家親王
伏見宮
第22代:1862年 - 1864年
第24代:1872年 - 1923年
次代:
邦家親王
博恭王
軍職
先代:
-
第10師団長
初代:1898年10月1日 - 1901年4月2日
次代:
川村景明
先代:
川村景明
第1師団長
第5代:1901年4月2日 - 1904年7月10日
次代:
飯田俊助
公職
先代:
桂太郎
内大臣
第4代:1912年 - 1915年
次代:
大山巌