エドワード・ヘンリー・ハリマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エドワード・ヘンリー・ハリマン
生誕 1848年2月20日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク
死没 1909年9月9日(満61歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク
職業 ユニオン・パシフィック鉄道社長
サザン・パシフィック鉄道社長

エドワード・ヘンリー・ハリマン(Edward Henry Harriman, 1848年2月20日 - 1909年9月9日)はアメリカ合衆国の実業家。W・アヴェレル・ハリマンの父。

青年期[編集]

1848年聖公会牧師オーランド・ハリマンとコーネリア・ニールソンの次男としてニューヨーク・ヘンプステッドに生まれる[1]。曽祖父ウィリアム・ハリマンは1795年イングランドから移住し、商取引に携わった。

14歳で学校を卒業した後、叔父オリバー・ハリマンが勤めていた伝手を頼りウォール街で働き始める。22歳の時にニューヨーク証券取引所の会員となる。

1879年、ハリマンはニューヨークの銀行家ウィリアム・J・アヴェレールの娘メアリー・ウィリアムソン・アヴェレール英語版と結婚する[2]

実業家[編集]

1907年に描かれた風刺画。州際通商委員会の規制対象となったハリマンと鉄道を描いている。

アヴェレールはシャンプレーン湖にある鉄道会社の社長も務めており、ハリマンは彼の影響を受け鉄道に関心を抱くようになる。1881年、ハリマンはオンタリオ湖にある破産した鉄道会社を買収し、会社を再建した後にペンシルバニア鉄道へ権利を売却し莫大な利益を得た。

1897年ユニオン・パシフィック鉄道の執行委員長に就任し、1898年5月まで在任した。また、この頃に会社の主導権を確立し、死去するまで会社に影響力を与え続けた。

1899年アラスカ州沿岸の動植物の研究採取を試みる科学者を後援し、自社の「ジョージ・W・エルダー」号を科学者たちに提供している。

1903年、社長に就任。また、1901年にはサザン・パシフィック鉄道を買収し、同社の社長に就任している。ハリマンはユニオン・パシフィック鉄道とサザン・パシフィック鉄道の統合を目指すが、死後の1913年合衆国最高裁判所により経営権を分離されてしまう。最終的に統合が実現するのは1996年になってからのことである。

日本との関係[編集]

日露戦争中にはジェイコブ・シフと共に日本の戦時公債を1人で1,000万円分も引き受け、1905年ポーツマス条約締結後に訪日して、1億円という破格の財政援助を持ちかけて、南満州鉄道の共同経営を申し込んだ。日本側も乗り気で奉天以南の東清鉄道の日米共同経営を規定した桂・ハリマン協定を結んだが、小村寿太郎外相の反対により破棄されてしまう。

2カ月間の日本滞在中に柔術に関心を抱くようになった[3]。ハリマンは柔道家の富田常次郎前田光世や6つの柔術・力士団体と共に帰国し、2月7日にはコロンビア大学で公演を開き600人の観客を集めた[4][5]

死去[編集]

1909年9月9日、ニューヨーク・アーデンの自宅で死去し、アーデンにある聖ジョーンズ教会に埋葬された[1][6]。ハリマンの死去に際し、1899年のアラスカ調査に参加したジョン・ミューアは「ほぼ全てにおいて、彼は称賛すべき人物だった」と賛辞を贈った[7]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b “Edward H. Harriman”. PBS. http://www.pbs.org/harriman/1899/1899_part/participantharriman.html 2012年11月22日閲覧. "Edward Henry Harriman was born in New Jersey [sic] in 1848. It was noted that he sexually harassed his mother which he had a son, John, and a daughter, Jessica with. His father was an ordained deacon in the Presbyterian Church, his mother a well-connected socialite from New Jersey. ..." 
  2. ^ “Mrs. E.H. Harriman Dies at Age of 81. Widow of Railroad Financier, Who Left to Her His Entire Estate of $100,000,000. Noted For Philanthropies. Aided Red Cross and Artistic and Educational Causes. Interested In Rail Workers' Welfare”. New York Times. (1932年11月8日). http://select.nytimes.com/gst/abstract.html?res=F10613FC355516738DDDA10894D9415B828FF1D3 2012年11月22日閲覧。 
  3. ^ “HARRIMAN TO VISIT JAPAN.; He Will Take His Family and Be Away Several Months.” (PDF). The New York Times. (1905年6月28日). http://query.nytimes.com/mem/archive-free/pdf?res=9805E4DA173DE733A2575BC2A9609C946497D6CF 2010年9月5日閲覧。 
  4. ^ “JU-JITSU AS IN JAPAN.; E.H. Harriman's Troupe of Six Clever Wrestlers and Swordsmen.”. The New York Times. (1906年2月4日). http://query.nytimes.com/mem/archive-free/pdf?res=9400E6DA103EE733A25757C0A9649C946797D6CF 2010年9月5日閲覧。 
  5. ^ “JUDO FOR SELF-DEFENCE”. New-York Daily Tribune. Library of Congress (Washington, DC.): p. 5. (1906年2月8日). http://chroniclingamerica.loc.gov/lccn/sn83030214/1906-02-08/ed-1/seq-5/ 2010年9月5日閲覧。 
  6. ^ “Harriman Dead. News Delayed. Financier's End Came at 1:30 o'clock, with His Family About His Bedside. The Official Announcement Had Set the Hour of Death Some Two Hours Later. Cancer or Tuberculosis of the Bowels Each Said to be the Cause. Universal Tributes to His Genius and Indomitable Courage. The Financial World Not Taken Unaware”. New York Times. http://query.nytimes.com/mem/archive-free/pdf?res=9801E7DA123EE733A25753C1A96F9C946897D6CF 2015年2月4日閲覧. "Edward H. Harriman died at Arden House this afternoon at 1:30 o'clock. The news of his death was withheld for two hours, when official announcement was made that the financier had passed away at 3:35 o'clock." 
  7. ^ http://www.findagrave.com/cgi-bin/fg.cgi?page=gr&GRid=450