朴泳孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
朴泳孝
宮内府大臣
Park Yeong-hyo Portrait.jpg
朴泳孝(1910年、『朝鮮貴族列傳』より)
本貫 潘南朴氏
朴泳孝
子純
生年 咸豊11年6月12日1861年7月19日
出生地 李氏朝鮮京畿道水原
没年 昭和14年(1939年9月20日
没死地 日本の旗 朝鮮京畿道京城府
朴元陽
李潤行の娘
配偶者 永恵翁主
子女 朴妙玉
慶尚南道釜山府沙下区京畿道南楊州市

朴 泳孝(ぼく えいこう)は、李氏朝鮮末期から大韓帝国期の政治家で、日本統治時代の朝鮮における貴族実業家日本名山崎永春

生涯[編集]

判書大監朴元陽の子として京畿道水原に生まれる。金玉均らと共に開化党独立党)を結党した。光緒5年(1879年)、金玉均らと共に李東仁を日本に密出国させ、日本の情勢を探らせた。福澤諭吉の支援を受け、光緒8年(1882年)、壬午政変(壬午軍乱)の謝罪のために派遣された謝罪使(副使は金晩植と金玉均であった[1])として日本に向かう船上で、現在の大韓民国国旗である太極旗のデザインを考案したとされる。朴泳孝が日本に派遣された4ヶ月間のことを記した日記『使和記略』によると、8月9日に仁川から日本船籍の明治丸に乗り日本へと向かった朴泳孝らは、船内でイギリス領事アストンとイギリス人船長ジェームスにそれまで国旗として提案されていた八卦と太極文様を描いた古太極図を見せて国旗について相談したところ、船長が八卦が複雑で区別しにくく他国がこれを見て作るのに不便であると述べたため、四卦を削り、残りの四卦を45°傾けて四隅に配した図案が提案され、大・中・小3本の太極旗が作られたという。8月14日、神戸に到着した一行は宿泊した西村屋にはじめて太極旗を掲げ、8月22日、太極旗小本とともに国旗制定を本国に報告したという。

帰国後は漢城判尹となり、開化政策を進めるが守旧派(事大党)の反対に遭って挫折。さらに光緒10年(1884年)12月にはクーデターで閔妃派からの政権奪還を図ったが失敗(甲申政変)、日本郵船の「千歳丸」で日本へ亡命。慶應義塾に隣接していた福沢邸に寄食し、転じて神戸に居を構えた。

光緒20年(1894年)に甲午改革が始まると、帰国して内務大臣となり、改革の中心的な役割を果たすが、開国504年(1895年)に謀反の疑いをかけられ、再び日本に亡命した。その後光武11年(1907年)に再度韓国に戻り、李完用内閣の宮内府大臣となったが、大臣暗殺陰謀の疑いで済州島流刑処分とされた。

隆熙4年(1910年)の韓国併合後には侯爵朝鮮貴族)となり、朝鮮貴族会会長(1911年)、朝鮮銀行理事(1918年)、朝鮮経済会会長(1919年)、朝鮮維民会会長(1919年)、東亜日報社初代社長(1920年)、朝鮮人産業大会会長(1921年)、朝鮮倶楽部の発起人(1921年11月)、京城紡績社初代社長、朝鮮殖産銀行理事、朝鮮総督府中枢院顧問(1921年)[2]東光会朝鮮支部初代会長(1922年)、貴族院議員(1932年)など、日本統治下の朝鮮における要職を歴任した。昭和10年(1935年)、 朝鮮総督府が編纂した"朝鮮功労者名鑑"に朝鮮人功労者353人のうちの一人に収録されている。

家族[編集]

妻は哲宗の娘・永恵翁主。朴泳孝の一人娘であった朴妙玉は、親和女学校(兵庫県神戸市)における初めての外国人卒業生であった。孫娘の朴賛珠は、李王家と結婚した。

その他[編集]

2005年8月29日、韓国の市民団体民族問題研究所、ならびにその傘下の親日人名辞典編纂委員会親日人名辞典の第1回リストを発表した。そのなかで親日派として朴泳孝の名前が掲載されている。

登場するテレビドラマ[編集]

明成皇后KBS 2001年 演:チャ・チョルスン

脚注[編集]

  1. ^ 板垣退助監修『自由党史(下)』遠山茂樹佐藤誠朗校訂、岩波書店(岩波文庫)1992年、125頁
  2. ^ 1938年発行の時事年鑑には朝鮮総督府中枢院・副議長と記されている。(社団法人・同盟通信社『時事年鑑・昭和14年版』1938年(昭和13年),656頁より。)

参考文献[編集]

関連文献[編集]