ランズダウン侯爵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カウンティ・オヴ・サマセットにおけるランズダウン侯爵: Marquess of Lansdowne, in the County of Somerset)は、イギリス侯爵位。グレートブリテン貴族1784年第2代シェルバーン伯ウィリアム・ペティが叙位されたことに始まる。ホイッグ党 - 自由党の系列に属する政治家を多く輩出した。

初代となるウィリアム・ペティは1761年にシェルバーン伯爵を襲爵し、1782年から1783年にかけてイギリスの首相を務めた。

第3代のヘンリー・ペティ=フィッツモーリスは初代の次男として生まれ、1806年から1807年にかけて財務大臣1830年から1852年にかけて3度にわたって枢密院議長英語版を務めた。

第5代のヘンリー・ペティ=フィッツモーリスは、日英同盟英仏協商締結時の外務大臣として知られる。

シェルバーン伯爵 (1753年)[編集]

ランズダウン侯爵 (1784年)[編集]