ウェリントン公爵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウェリントン公爵の紋章

ウェリントン公爵: Duke of Wellington)は、イギリス公爵位。1800年の連合法によるグレートブリテン王国アイルランド王国の合同後に創設された連合王国貴族で、連合王国貴族の首席公爵である。爵位名はイングランド南西部、サマセットにあるウェリントンにちなむ。

1814年5月11日、初代ウェリントン侯爵アーサー・ウェルズリー陸軍元帥が叙位されたことに始まる。彼はナポレオン戦争において軍功を重ね、後にワーテルローの戦い1815年)でナポレオン・ボナパルトを破った人物で、初代マールバラ公爵ジョン・チャーチルなどと共にイギリスの歴史上屈指の軍人と考えられており、単に「ウェリントン公」といった場合しばしば初代公を指す。

初代公は1809年9月4日にタラヴェラおよびウェリントンのウェリントン子爵Viscount Wellington of Talavera and of Wellington)とウェリントンのドゥロ男爵Baron Douro of Wellington; ドゥーロ男爵)に、1812年2月28日ウェリントン伯爵Earl of Wellington)に、1812年10月3日ウェリントン侯爵Marquess of Wellington)に、公爵叙位の際にドゥロ侯爵Marquess Douro)に叙されており(以上全て連合王国貴族)、また1863年2代公モーニントン伯爵Earl of Mornington; モーニングトン伯爵)・ダンガン城のウェルズリー子爵Viscount Wellesley of Dangan Castle)・モーニントン男爵Baron of Mornington)を相続した(以上の3爵位はアイルランド貴族)。このため現在、ウェリントン公爵にはこれらの爵位が付属する。公爵位の法定推定相続人はドゥロ侯爵を、ドゥロ侯爵の法定推定相続人はモーニントン伯爵を儀礼称号として称する。

加えて初代公は、ポルトガル王国の爵位としてヴィトリア公爵Duque da Vitória; 1812年叙位、ビトリアの戦いにちなむ。ただしビトリア=ガステイススペイン領)・トレス・ヴェドラス侯爵Marquês de Torres Vedras; 1812年叙位、彼がリスボン防衛のために築いたトレス・ヴェドラス線Lines of Torres Vedras)にちなむ)・ヴィメイロ伯爵Conde do Vimeiro; 1811年叙位、ヴィメイロの戦いBattle of Vimeiro)にちなむ)に、スペイン王国の爵位としてシウダ・ロドリーゴ公爵Duque de Ciudad Rodrigo; 1812年叙位、シウダ・ロドリーゴ攻城戦Siege of Ciudad Rodrigo)にちなむ)に、ネーデルラント連合王国の爵位としてワーテルロー公Prins van Waterloo; 1815年叙位、ワーテルローの戦いにちなむ。ただしワーテルローは現在ベルギー領)に叙されていた。

ウェリントン子爵 (1809年)[編集]

初代ウェリントン公爵アーサー・ウェルズリー(サー・トマス・ローレンス画、1814年)

ウェリントン伯爵 (1812年)[編集]

ウェリントン侯爵 (1812年)[編集]

ウェリントン公爵 (1814年)[編集]