リチャード・ウェルズリー (初代ウェルズリー侯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
初代ウェルズリー侯爵
リチャード・ウェルズリー
Richard Wellesley, 1st Marquess Wellesley
Richard Wellesley.jpeg
初代ウェルズリー侯(サー・トマス・ローレンス画)
生年月日 1760年6月20日
出生地 Flag President of Ireland.svg アイルランドミース州ダンガン城
没年月日 1842年9月26日
死没地 イングランドの旗 イングランドロンドンナイツブリッジ
出身校 オックスフォード大学クライスト・チャーチ (退学)
所属政党 ホイッグ党
称号 ガーター勲章勲爵士 (KG)
枢密顧問官 (PC)
アイルランド枢密顧問官 (PC (Ire))
親族 第3代モーニントン伯爵 (弟)
初代ウェリントン公爵 (弟)
初代ハザートン男爵 (娘婿)
配偶者 (1) イアサント・ガブリエル・ロラン
(2) マリアンヌ・パターソン

内閣 パーシヴァル内閣
任期 1809年12月6日 - 1812年3月4日
国王 ジョージ3世
テンプレートを表示

初代ウェルズリー侯爵リチャード・コリー・ウェルズリー: Richard Colley Wellesley, 1st Marquess Wellesley1760年6月20日 - 1842年9月26日)は、イギリスの外交官、政治家。ガーター勲章勲爵士、イギリス枢密顧問官アイルランド枢密顧問官

1799年にウェルズリー侯爵に叙される前はアイルランド貴族の爵位「第2代モーニントン伯爵英語版」で、出生からモーニントン伯爵を相続する1781年までは「ウェルズリー子爵」の儀礼称号で称されていた。

1798年5月18日から1805年7月30日までインドの総督(当時の職名はベンガル総督)を、1809年12月6日から1812年3月4日までパーシヴァル内閣英語版外務大臣を、1821年12月8日から1828年2月27日までおよび1833年9月12日から1834年11月までアイルランド総督Lord Lieutenant of Ireland; アイルランド統監)を務めた。

経歴[編集]

初代モーニントン伯爵ギャレット・ウェズリーの長男「リチャード・ウェズリー」(Richard Wesley)として生まれる。弟に第3代モーニントン伯爵ウィリアム・ウェルズリー=ポール英語版、初代ウェリントン公爵アーサー・ウェルズリー、初代カウリー男爵英語版ヘンリー・ウェルズリー英語版らがいる。

ハーロー校イートン・カレッジを経てオックスフォード大学クライスト・チャーチに学ぶ。1781年父の死によりモーニントン伯爵となり、アイルランド貴族として貴族院議員となる。1793年、イギリス東インド会社監督局の委員(Commissioner of the Board of Control)となり、1797年インド総督となる。

当時はナポレオン1世インド攻略が噂されていたほどで、フランスのインド干渉が露骨におこなわれていた。彼は前任者までの不干渉主義をやめ、フランスと手を組んだティープー・スルタン治めるマイソール王国ニザーム藩王国ニザーム・アリ・カーンらとの同盟軍を当たらせ、1798年ティープーを制圧。マイソール地方を分割してその海岸地域一帯を確保した(マイソール戦争)。1801年にはカルナータカを占領した。また、マラータ同盟勢力打倒のため1803年から1805年まで第二次マラータ戦争を起こし、インド中央部まで進出することに成功したが、本国政府のマラータ不干渉政策により、所期の目的を達することができなかった。彼の積極的な領土拡大政策はイギリス東インド会社理事会からも非難を浴びた。彼は数回辞表を提出したが、1805年まで受理されなかった。

1807年に、ジョージ3世から第2次ポートランド内閣への入閣を勧められたが、当時議会で彼のインド政策に反対する声が大きかったので、結局辞退した。1809年にスペイン駐箚イギリス特命全権大使英語版となる。同年、パーシヴァル内閣英語版外務大臣となるが[1]、1812年3月に退官し、1821年まで政治から離れていた。

1821年、アイルランド総督に就任[2]。かねてから関心を持っていたカトリック解放英語版運動の解決が大いに期待されたものの、実現しなかった。1830年から1833年まで王室家政長官Lord Steward; 王室家令長)を務め、1833年アイルランド総督に再任[3]。1835年に宮内長官Lord Chamberlain; 王室侍従長)となった。

1783年、創設された聖パトリック勲章の最初の受勲者の一人となる[4]1793年、グレートブリテン王国の枢密顧問官[5]に列せられた。

家族[編集]

ヴィジェ=ルブランの描いたイアサント・ガブリエル

彼は20代の頃から、パレ・ロワイヤルの女優イアサント・ガブリエル・ロランと同棲していた。彼女とは1794年11月に正式に結婚するが、それまでに生まれていた3男2女の子供たちは庶子扱いとなり、モーニントン伯位とウェルズリー侯位を継げなかった[要出典]。彼女との間に生まれたアン・ウェルズリーは、エリザベス (ジョージ6世妃)の先祖にあたる。イアサントの死後、ボルティモアの資産家の娘マリアンヌ・パターソン(ジェローム・ボナパルトの最初の妻エリザベス・パターソンの親族)と再婚するが、子供はなかった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ London Gazette: no. 16322, p. 1945, 1809年12月5日. 2010年12月12日閲覧。
  2. ^ London Gazette: no. 17772, p. 2405, 1821年12月11日. 2010年12月11日閲覧。
  3. ^ London Gazette: no. 19084, p. 1675, 1833年9月13日. 2010年12月11日閲覧。
  4. ^ London Gazette: no. 12412, p. 1, 1783年2月4日. 2010年12月11日閲覧。
  5. ^ London Gazette: no. 13539, p. 514, 1793年6月18日. 2010年12月11日閲覧。

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、初代ウェルズリー侯爵リチャード・ウェルズリーに関するカテゴリがあります。

先代:
オーレッド・クラーク(代行)
インドの総督
1798–1805
次代:
初代コーンウォリス侯爵
先代:
第3代バサースト伯爵
外務大臣
1809–1812
次代:
カースルレー子爵
先代:
第2代タルボット伯爵
アイルランドの総督
1821–1828
次代:
初代アングルシー侯爵
先代:
初代バッキンガムおよびシャンドス公爵
王室家政長官
1830–1833
次代:
第6代アーガイル公爵
先代:
初代アングルシー侯爵
アイルランドの総督
1833–1834
次代:
第9代ハディントン伯爵
先代:
第5代ジャージー伯爵
宮内長官
1835
次代:
第2代カニンガム侯爵
先代:
ギャレット・ウェズリー
モーニントン伯爵
第2代: 1781–1842
次代:
ウィリアム・ウェルズリー=ポール
先代:
(創設)
ウェルズリー侯爵
初代: 1799–1842
次代:
(断絶)