トマス・ハミルトン (第9代ハディントン伯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第9代ハディントン伯爵
トマス・ハミルトン
Thomas Hamilton, 9th Earl of Haddington
生年月日 1780年6月21日
没年月日 1858年12月1日 (78歳没)
出身校 オックスフォード大学クライスト・チャーチ
エディンバラ大学
所属政党 保守党トーリー党
称号 アザミ勲章勲爵士 (KT)
枢密顧問官 (PC)
王立協会フェロー (FRS)
親族 第8代ハディントン伯爵 (父)
第4代マクルズフィールド伯爵 (義父)
配偶者 マリア・パーカー

内閣 第2次ピール内閣
任期 1841年9月6日 - 1846年1月8日
国王 ヴィクトリア

内閣 第2次ピール内閣
任期 1846年1月21日 - 1846年7月
国王 ヴィクトリア
テンプレートを表示

第9代ハディントン伯爵トマス・ハミルトン: Thomas Hamilton, 9th Earl of Haddington1780年6月21日 - 1858年12月1日)は、イギリス保守党政治家。アザミ勲章勲爵士、枢密顧問官王立協会フェロー。1794年から1828年までは「ビニング卿」(Lord Binning)の儀礼称号で称されていた。

経歴[編集]

スコットランド貴族代表議員を務めた第8代ハディントン伯爵英語版チャールズ・ハミルトン英語版の一人息子として生まれる[1]。母親のレディ・ソフィア・ホープは第2代ホープタウン伯爵英語版ジョン・ホープ英語版の娘。

エディンバラ大学を経てオックスフォード大学クライスト・チャーチで学び、1801年学士号を、1815年修士号を取得[1]

1802年から1806年までコーンウォールセント・ジャーマンズ英語版選挙区選出の、1807年の1月から5月までカンブリアコッカーマス選挙区選出の、1807年から1812年までコーンウォール州カリントン英語版選挙区選出の、1814年から1818年までコーンウォール州ミッチェル英語版選挙区選出の、1818年から1826年までケントロチェスター選挙区選出の、1826年から1827年までワイト島ヤーマス英語版選挙区選出の庶民院議員[2][3]

彼は議会におけるジョージ・カニングの支持者であり、カニングが首相を務めていた1827年に「カウンティ・オヴ・ハディントンにおけるタイニンガムのメルローズ男爵」(Baron Melros, of Tynninghame in the County of Haddington; 連合王国貴族)に叙され[4]貴族院へ移った。なお1814年枢密顧問官に列せられ[5]1828年に父親からスコットランド貴族の爵位である「ハディントン伯爵」を相続している。

1831年ホイッグ党の第2代グレイ伯爵チャールズ・グレイ第1回選挙法改正案(Reform Bill; 選挙法改正法案)を提出したときは反対したが、後に意見を変え、1832年には賛成票を投じた。

1835年第1次内閣英語版を組織したサー・ロバート・ピールの下でアイルランド総督(Lord Lieutenant of Ireland; アイルランド統監)に任じられる。1841年第2次ピール内閣英語版ではインドの総督就任を打診されたが断り、海軍大臣First Lord of the Admiralty; 海軍本部ファースト・ロード)として入閣[6]1846年に閣僚ポストの入れ替えが行われると王璽尚書となった[7]

1844年王立協会のフェローに選出された[8]1853年アザミ勲章を受章[9]

家族[編集]

第4代マクルズフィールド伯爵ジョージ・パーカー英語版の娘であるレディ・マリア・パーカー(1861年没)と1802年10月13日に結婚した[1]。彼女との間に子がなかったため、メルローズ男爵は1代で断絶、ハディントン伯爵は又従弟のジョージ・ベイリー=ハミルトン英語版が相続した。

出典[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

先代:
初代ウェルズリー侯爵
アイルランド総督
1834-1835
次代:
第2代マルグレイヴ伯爵
先代:
第2代ミントー伯爵
海軍大臣
1841-1846
次代:
初代エレンボロー伯爵
先代:
第5代バクルー公爵
王璽尚書
1846
次代:
第2代ミントー伯爵
先代:
(創設)
メルローズ男爵
初代: 1827-1858
次代:
(断絶)
先代:
チャールズ・ハミルトン
ハディントン伯爵
第9代: 1828-1858
次代:
ジョージ・ベイリー=ハミルトン