ロバート・ステュアート (カスルリー子爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第2代ロンドンデリー侯爵
ロバート・ステュアート
Robert Stewart,
2nd Marquess of Londonderry
Lord Castlereagh Marquess of Londonderry.jpg
サー・トマス・ローレンスによるカスルリー子爵時代の肖像画
生年月日 1769年6月18日
出生地  アイルランド王国ダブリン
没年月日 1822年8月12日 (満53歳没)
死没地 イギリスの旗 イギリスケントLoring Hall
出身校 ケンブリッジ大学セント・ジョンズ・カレッジ
The Royal School, Armagh
所属政党 ホイッグ党のちトーリー党
称号 ガーター勲章受勲者(KG)
ロイヤル・ゲルフ勲章受勲者(GCH)
枢密顧問官(PC)
親族 第3代ロンドンデリー侯爵(異母弟)
配偶者 エミリー・ホバート

任期 1798年 - 1801年

内閣 アディントン内閣第2次小ピット内閣
任期 1802年 - 1806年

内閣 第2次小ピット内閣
任期 1805年7月10日 - 1806年2月5日

内閣 第2次ポートランド内閣
任期 1807年3月25日 - 1809年11月1日

内閣 リヴァプール内閣
任期 1812年3月4日 - 1822年8月12日
テンプレートを表示

第2代ロンドンデリー侯爵ロバート・ステュアート: Robert Stewart, 2nd Marquess of Londonderry1769年6月18日 - 1822年8月12日)は、アイルランド生まれのイギリスの政治家・外交官。襲爵前に称していたカスルリー子爵Viscount Castlereagh)の儀礼称号で知られる。

ダブリンでアングロ=アイリッシュ系貴族の家系に生まれる。父は初代ロンドンデリー侯爵ロバート・ステュアートアイルランド議会の議員を務めた後、イギリス議会に入り、アイルランド王国グレートブリテン王国への併合を定めた1800年連合法の制定に尽力した。その後、イギリスの外交を主導し、ウィーン会議にもイギリス代表として出席した。

父の死により侯爵位を継いだ1821年頃から精神に異常をきたし、1822年に自殺した。過労が原因であったと言われる。

後任の外務大臣になったジョージ・カニングとは犬猿の仲で、決闘まで行い、カニングに重傷を負わせたことがある。この事件でステュアート、カニングの両名はそれぞれ陸相と外相を辞任する事態となった。

称号[編集]

  • ロバート・ステュアート氏 - Robert Stewart, Esquire (1769年 - 1789年)
  • ロバート・ステュアート閣下 - The Honourable Robert Stewart (1789年 - 1796年)
  • カスルリー子爵 - Viscount Castlereagh (1796年 - 1798年)
  • カスルリー子爵閣下 - The Right Honourable Viscount Castlereagh (1798年 - 1821年)
  • ロンドンデリー侯爵閣下 - The Most Honourable The Marquess of Londonderry (1821年 - 1822年)

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

先代:
ペラム卿
アイルランド大臣
1798年 - 1801年
次代:
チャールズ・アボット
先代:
第3代ダートマス伯爵
東インド会社監督局総裁
1802年 - 1806年
次代:
初代ミントー男爵
先代:
第2代カムデン伯爵
陸軍・植民地大臣
1805年 - 1806年
次代:
ウィリアム・ウィンダム
先代:
ウィリアム・ウィンダム
陸軍・植民地大臣
1807年 - 1809年
次代:
第2代リヴァプール伯爵
先代:
初代ウェルズリー侯爵
外務大臣
1812年 - 1822年
次代:
ジョージ・カニング
先代:
スペンサー・パーシヴァル
庶民院院内総務
1812年 - 1822年
次代:
ジョージ・カニング
先代:
ロバート・ステュアート
ロンドンデリー侯爵
第2代:1821年 - 1822年
次代:
チャールズ・ヴェーン