ヘンリー・バサースト (第3代バサースト伯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第3代バサースト伯爵
ヘンリー・バサースト
Henry Bathurst, 3rd Earl Bathurst
Henry Bathurst, 3rd Earl Bathurst by William Salter.jpg
生年月日 1762年5月22日
没年月日 1834年7月27日 (満72歳没)
死没地 イギリスの旗 イギリスロンドン
出身校 オックスフォード大学クライスト・チャーチ
所属政党 トーリー党
称号 ガーター勲章勲爵士 (KG)
枢密顧問官 (PC)
親族 第2代リッチモンド公爵 (義祖父)
第2代バサースト伯爵 (父)
配偶者 ジョージアナ・レノックス

内閣 パーシヴァル内閣
任期 1807年3月31日 - 1812年9月29日
国王 ジョージ3世

内閣 パーシヴァル内閣
任期 1809年10月11日 - 1809年12月6日
国王 ジョージ3世

内閣 リヴァプール内閣
任期 1812年6月11日 - 1827年4月30日
国王 ジョージ3世ジョージ4世

内閣 ウェリントン内閣
任期 1828年1月28日 - 1830年11月22日
国王 ジョージ4世ウィリアム4世
テンプレートを表示

第3代バサースト伯爵ヘンリー・バサースト: Henry Bathurst, 3rd Earl Bathurst1762年5月22日 - 1834年7月27日)は、イギリスの貴族、政治家。ガーター勲章勲爵士、枢密顧問官

1794年にバサースト伯爵を襲爵するまでは、「アプスリー卿」(Lord Apsley)の儀礼称号で称されていた。

経歴[編集]

大法官枢密院議長Lord President of the Council)を務めた法律家・政治家の第2代バサースト伯爵ヘンリー・バサースト英語版と、妻のトライフィーナの間に生まれる[1][2][3][4]イートン・カレッジを経て、1773年から1778年までオックスフォード大学クライスト・チャーチで学ぶ[1]

1783年から襲爵により貴族院に移る1794年まで、グロスタシャーサイレンスター選挙区選出の庶民院議員[5][6][3]議会ではトーリー党に所属。

ウィリアム・ピット (小ピット) と親しく[2][3][4]、彼の下で1783年から1789年まで海軍本部委員(Lord of the Admiralty[7][8][9]1789年から1791年まで大蔵卿委員Lord of the Treasury[10]1793年から1802年までイギリス東インド会社監督局の委員(Commissioner of the Board of Control[1][2][3][4]を務めた。1804年に小ピットが再び首相となると、バサーストは王立造幣局長(Master of the Mint[1][3][4]に任じられた。

第3代ポートランド公爵ウィリアム・キャヴェンディッシュ=ベンティンク1807年に組織した第2次内閣では商務大臣President of the Board of Trade; 商務院総裁)[11]兼王立造幣局長[1][3][4]として入閣、次のスペンサー・パーシヴァル内閣英語版においても両方の職を引き続き務めた。また1809年には、外務大臣ジョージ・カニング陸軍・植民地大臣のカースルレー子爵ロバート・ステュアート決闘事件を起こして辞職したことを受け、2ヶ月間外相[12]を兼ねた。

1812年、第2代リヴァプール伯爵英語版ロバート・ジェンキンソン内閣英語版において陸軍・植民地大臣[13]として入閣。バサーストは有能な大臣であり[6][2][3][4]半島戦争のさなか陸軍を担当する閣僚としての職務を全うした。次官のヘンリー・ゴールバーン英語版とともに陸軍・植民地省の改革も行い、青書Blue book)を導入した。ゴールバーンの後任の次官となったロバート・ウィルモット=ホートン英語版は、バサーストを以前この職を務めた誰よりも注目に値すると評した[2]。また彼は人道的見地から奴隷制度廃止運動を支持していた[3]

初代ウェリントン公爵アーサー・ウェルズリー1828年に組織した内閣英語版では枢密院議長[14]として入閣。トーリー所属でありつつもカトリック解放英語版に賛成の立場をとっていたが、第1回選挙法改正案(Reform Bill; 選挙法改正法案)には強く反対した[3][4]1830年に退任し、政治家としてのキャリアを終えた。

1793年枢密顧問官[15][1]に列せられ、1817年ガーター勲章[16]を授けられた。

1834年ロンドンで死去、グロスタシャー州のサイレンスターに葬られた。爵位は長男のヘンリー英語版が相続した。

オーストラリアニューサウスウェールズ州にあるバサースト郡英語版およびバサースト市英語版[17]ノーザンテリトリー(北部準州)にあるバサースト島英語版[18]カナダニューブランズウィック州にあるバサースト[19]ヌナブト準州にあるバサースト島[20]ガンビアの首都バンジュールの旧名バサースト[21]は、彼を記念して名づけられた。

家族[編集]

バサーストは1789年4月にレディ・ジョージアナ・レノックス(1765年 - 1841年)と結婚した[1][3][4]。彼女は第2代リッチモンド公英語版チャールズ・レノックス英語版の次男ジョージ・レノックス英語版卿の娘であった。

夫妻は四男二女をもうけ、長男のヘンリーが第4代バサースト伯爵に、ついで次男のウィリアム英語版が第5代バサースト伯爵となった[1][3]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h Lundy, Darryl. “Henry Bathurst, 3rd Earl Bathurst of Bathurst” (英語). thepeerage.com. 2010年12月5日閲覧。
  2. ^ a b c d e “Bathurst, Henry [third Earl Bathurst] (1762 - 1834)” (英語). Australian Dictionary of Biography. Canberra: Australian National University. (1966). http://www.adb.online.anu.edu.au/biogs/A010065b.htm 2010年12月5日閲覧。. 
  3. ^ a b c d e f g h i j k  Chisholm, Hugh, ed (1911). “Earls Bathurst”. Encyclopædia Britannica. 3 (11 ed.). Cambridge University Press. pp. 520. http://www.archive.org/stream/encyclopaediabrit03chisrich#page/520/mode/2up. 
  4. ^ a b c d e f g h  Kebbel, Thomas Edward (1885). “Bathurst, Henry (1762-1834)”. In Stephen, Leslie. Dictionary of National Biography. 3. London: Smith, Elder & Co. p. 408. 
  5. ^ Drummond, Mary M. (1964). “BATHURST, Henry, Lord Apsley (1762-1834).”. In Namier, L.; Brooke, J. (英語). The History of Parliament: the House of Commons 1754-1790. London: Secker & Warburg. http://www.historyofparliamentonline.org/volume/1754-1790/member/bathurst-henry-1762-1834 2013年5月12日閲覧。. 
  6. ^ a b Fisher, David R. (1986). “BATHURST, Henry, Lord Apsley (1762-1834), of Oakley Park, Cirencester, Glos.”. In Thorne, R.G. (英語). The History of Parliament: the House of Commons 1790-1820. London: Secker & Warburg. http://www.historyofparliamentonline.org/volume/1790-1820/member/bathurst-henry-1762-1834 2013年5月12日閲覧。. 
  7. ^ London Gazette: no. 12505, p. 2, 1783年12月27日. 2010年12月5日閲覧。
  8. ^ London Gazette: no. 12531, p. 2, 1784年3月27日. 2010年12月5日閲覧。
  9. ^ London Gazette: no. 13006, p. 329, 1788年7月8日. 2010年12月5日閲覧。
  10. ^ London Gazette: no. 13120, p. 529, 1789年8月4日. 2010年12月4日閲覧。
  11. ^ London Gazette: no. 16014, p. 393, 1807年3月28日. 2010年12月4日閲覧。
  12. ^ London Gazette: no. 16305, p. 1617, 1809年10月10日. 2010年12月4日閲覧。
  13. ^ London Gazette: no. 16611, p. 1109, 1812年6月9日. 2010年12月4日閲覧。
  14. ^ London Gazette: no. 18436, p. 185, 1828年1月26日. 2010年12月4日閲覧。
  15. ^ Rayment, Leigh. “Privy Counsellors 1679 - 1835” (英語). Leigh Rayment's Peerage Page. 2010年12月5日閲覧。
  16. ^ London Gazette: no. 17271, p. 1644, 1817年7月26日. 2010年12月4日閲覧。
  17. ^ “Bathurst”. Encyclopædia Britannica Online. (2010). http://www.britannica.com/EBchecked/topic/55968/Bathurst 2010年12月4日閲覧。. 
  18. ^ “Bathurst Island”. Encyclopædia Britannica Online. (2010). http://www.britannica.com/EBchecked/topic/55977/Bathurst-Island 2010年12月4日閲覧。. 
  19. ^ Glendenning, Burton. “Bathurst”. In James H. Marsh. The Canadian Encyclopedia. The Historica Dominion Institute. http://www.thecanadianencyclopedia.com/index.cfm?PgNm=TCE&Params=A1ARTA0000561 2010年12月4日閲覧。. 
  20. ^ Finlayson, Doug. “Bathurst Island”. In James H. Marsh. The Canadian Encyclopedia. The Historica Dominion Institute. http://www.thecanadianencyclopedia.com/index.cfm?PgNm=TCE&Params=A1ARTA0000563 2010年12月4日閲覧。. 
  21. ^ History of Banjul” (英語). Access Gambia (2009-2010). 2010年12月5日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
ジョン・スミス
王立造幣局
1804年 - 1806年
次代:
チャールズ・スペンサー
先代:
初代オークランド男爵
商務大臣
1807年 - 1812年
次代:
第2代クランカーティ伯爵
先代:
チャールズ・バサースト
王立造幣局
1807年 - 1812年
次代:
第2代クランカーティ伯爵
先代:
ジョージ・カニング
外務大臣
1809年
次代:
初代ウェルズリー侯爵
先代:
第2代リヴァプール伯爵
陸軍・植民地大臣
1812年 - 1827年
次代:
初代ゴドリッチ子爵
先代:
第4代ポートランド公爵
枢密院議長
1828年 - 1830年
次代:
第3代ランズダウン侯爵
先代:
ヘンリー・バサースト
バサースト伯爵
第3代: 1794年 - 1834年
次代:
ヘンリー・バサースト