大江氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大江氏
氏姓 大江朝臣
始祖 大枝音人
出自 土師宿禰
氏祖 大枝諸上
種別 神別天孫
本貫 山城国乙訓郡大枝郷
著名な人物 大江音人
大江千里
大江匡衡
大江嘉言
和泉式部
赤染衛門
大江広元
大江匡房
後裔 北小路家公家華族子爵))
北小路家分家(公家・華族(男爵))
徳岡家地下家
山村氏武家
毛利氏武家
桂氏武家
海東氏武家
酒井氏武家
芦澤氏武家
越後北条氏武家
安田氏武家
寒河江氏武家
長井氏武家
那波氏武家) など
凡例 / Category:氏

大江氏(おおえうじ/し)は、「大江」をとする氏族

日本の古代から近世貴族藤原と同じく本姓)であり、苗字ではない。



奈良時代[編集]

古代氏族である土師氏が源流とされる。桓武天皇が即位10年となった延暦9年(791年)に、縁戚関係にある土師諸上らに大枝の姓を与えた。

平安時代[編集]

866年(貞観8年)には大枝音人が姓を改め、大江音人となる。大江氏には優れた歌人や学者が多く、朝廷に重く用いられた。中古三十六歌仙と呼ばれる和歌の名人三十六撰に、大江氏から大江千里大江匡衡大江嘉言、女性では和泉式部赤染衛門らが選出されている。大江匡衡の孫に、平安時代屈指の学者であると共に河内源氏源義家(八幡太郎)に兵法を教えたとされる大江匡房がいる。 11世紀には、摂関家の藤原氏を頂点とした家柄の序列が固定されており、大江氏は五位で地方国司、中級ないし下級貴族であった。その一方、家学学者でもあったので、文人貴族を輩出する事になる。[1]

鎌倉時代[編集]

1184年(元暦元年)に河内源氏の棟梁の源頼朝に仕えた大江広元大江匡房の孫であり、頼朝の覇業を内政面で支える。頼朝が鎌倉幕府を開くと広元は幕府の中枢を昇りつめ、広大な所領を得る。広元は子らに領地を分配したことから武家の大江氏として毛利氏をはじめとする武家の祖となる。

1221年(承久3年)承久の乱において京都守護の広元嫡男大江親広が失脚し、また1247年宝治元年)に広元四男の季光(毛利季光)が、鎌倉幕府に対して謀反を起こした三浦泰村に味方したために討たれるが、広元次男長井時広の子孫(長井氏)は鎌倉幕府の評定衆引付衆などの要職を務め、鎌倉幕府滅亡後も室町幕府中枢にあり、14世紀に伊達氏に滅ぼされるまで出羽国置賜郡長井荘で勢力を保った。また、季光の四男・毛利経光の子孫(毛利氏)は安芸国吉田荘に定着し、その血統から戦国時代に中国地方の覇者となった戦国大名毛利元就が出た。

その後[編集]

一文字に三つ星

大江広元の後裔は各地方で武家として活躍した。その末裔に以下が挙げられる。「一文字に三つ星」を家紋として「広」「元」を通字とする家が多い。

また、広元の兄・匡範の子孫は宮廷官人として残り、室町時代後半からは北小路を称し、江戸時代地下家として3家(蔵人2家、近衛家諸大夫1家)を出した。このうち、代々蔵人を務めた2家は江戸時代後期の弘化4年12月17日1848年1月22日堂上家半家)に列せられた(最後の堂上家昇格)。

系図[編集]

大江氏の末裔とされる有名人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 概説日本思想史(市川浩史)
  2. ^ 維光の養子という説も有り。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]