徳川綱誠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

徳川 綱誠(とくがわ つなのぶ/つななり、承応元年8月2日1652年9月4日) - 元禄12年6月5日1699年7月1日))は、尾張藩の第3代藩主。新陰流第7世。元服後の初名は徳川綱義(つなよし)。号は誠公。字は子明。官位は正三位権中納言


第2代藩主・徳川光義(のち光友)の次男(正室の子であるため長男とされた)。母は徳川家光の娘・霊仙院(千代姫)。幼名五郎太徳川家綱徳川綱重徳川綱吉からは甥であり、はとこでもある。正室は広幡忠幸の娘・新君(にいぎみ)。側室13名。40人の子女(22男18女)をもうけるも、正室との間に子はできず、また、その大半は夭折した。

子に徳川吉通(十男)、徳川継友(十一男)、松平義孝(十五男)、松平通温(十八男、喜之進・安房守)、徳川宗春(十九男)、松姫(十七女、前田吉徳正室)、喜知姫(叔父徳川綱吉養女)らがいる[1]

経歴[編集]

明暦3年(1657年)に元服し、叔父で将軍の徳川家綱と父・光義より1字ずつ賜って綱義(つなよし)に改名。 元禄6年(1693年)、父・光友家督を相続して藩主となった。しかし家督相続から6年で急死し、跡を十男の吉通が継いだ。死因はによる食傷と言われている。

綱誠の治世は父の陰に隠れてあまり目立たない。幼少より血統の良さと英明の評判が高く、文教に力を注いだのが知られる。藩領の地誌である『尾張風土記』の編纂を元禄8年(1698年)に命じたが、綱誠の病没により未完成で草稿が残り、後になって宝暦2年(1752年)に完成する『張州府誌』の母体となった。

官職位階履歴[編集]

※日付=旧暦

家系[編集]

  • 父:徳川光友
  • 母:千代姫(霊仙院
  • 正室:新君(瑩珠院、父:広幡忠幸
  • 側室:礼与(日下氏)
    • 長男:五郎八(1676年 - 1678年)(3)
  • 側室:佐野
  • 側室:下総(河野氏)
    • 長女:悦姫(1679年 - 1681年)(3)
  • 側室:梅小路(梅昌院、酒井氏)
    • 三男:鶴丸(1680年)(1)
    • 四男:松之助(1682年 - 1683年)(2)
    • 五女:菊姫(1684年 - 1685年)(2)
    • 六男:喜太郎(1686年 - 1687年)(2)
    • 十一女:綾姫(1692年 - 1694年)(3)
    • 十四男:某(秋光院、1693年)(1)
    • 十三女:政姫(1695年)(1)
  • 側室:段(遠寿院、浅岡氏)
    • 次女:初姫(1683年)(1)
  • 側室:津解
    • 三女:八代姫(1684年)(1)
  • 側室:佐子
    • 四女:清姫(1684年)(1)
  • 側室:難波(蓮乗院)
    • 六女:春姫(1685年 - 1686年)(2)
    • 八男:内膳(1688年 - 1691年)(3)
    • 九女:光姫(1690年 - 1691年)(2)
  • 側室:和泉(泉光院、林氏)
    • 七男:亀太郎(1687年 - 1692年)(6)
    • 九男:常三郎(1688年 - 1691年)(4)
    • 十二男:徳川継友(1692年 - 1730年)(39)
  • 側室:下総(お福、本寿院、坂崎氏)
    • 七女:蔦姫(1688年)(1)
    • 十男:徳川吉通(1689年 - 1713年)(25)
    • 十女:立姫(1691年 - 1696年)(6)
    • 十六男:岩之丞(1694年 - 1705年)(12)
  • 側室:阿古(清遊院、鈴木氏)
    • 八女:猶姫(1688年 - 1689年)(2)
    • 十一男:晴之丞(1690年)(1)
    • 十三男:石松(1692年 - 1694年)(3)
  • 側室:万(心常院)
    • 十二女:伊羅姫(1692年 - 1694年)(3)
  • 側室:梅津(宣揚院、三浦氏)
    • 十五男:城次郎(1694年 - 1697年)(4)
    • 二十男:徳川宗春(1696年 - 1764年)(69)
    • 十五女:某(晴竜院、1698年)(1)
  • 側室:唐橋(卓然院、里見氏)
  • 側室:菊山(蓮養院、松永氏)
    • 十八男:繁之丞(1695年 - 1696年)(2)
  • 側室:倉橋(利清院、上村氏)
  • 側室:新大夫(西生院、中東氏)
    • 二十二男:増之丞(1699年)(1)
  • 養女:貴姫(徳川光友女、浅野綱長室、1666年 - 1683年)(18)

演じた俳優[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 子女の出生順や数は系図によって多少異なる。胎死や流産で名前が付けられる前に死んだ子供がいるからである。