徳川義宜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

徳川 義宜(とくがわ よしのり、1858年7月4日安政5年5月24日)- 1875年明治8年)11月24日)は、江戸時代末期の大名尾張国尾張藩の第16代藩主(藩主としては最後の人物)。

生涯[編集]

第14代藩主・徳川慶勝の三男として生まれる。幼名元千代。叔父の第15代藩主・徳川茂徳に実子が居なかったために幕命により養子となり、茂徳より1字を与えられて初名の徳川徳成(ながなり)[1]を名乗る(のちに養親子関係は解消された)。元治元年(1864年)、茂徳が隠居したためにわずか6歳で家督を継承し、第16代藩主に就任、義宜(表記は義宣とも)に改める。官位は従三位左近衛権中将

しかし幼少のため、執政は父・慶勝によってほとんど成されたという。慶応4年(1868年)、戊辰戦争が起こると父と共に新政府軍に帰属し、新政府軍が東海道江戸に向けて出征を開始すると、その先鋒を務めた。徳川慶喜隠居後の徳川宗家次期当主候補に擬せられたこともある。しかしもともと病弱だったため、父・慶勝の影に隠れ、主体性は薄かった。明治8年(1875年)、18歳で夭折した。法号は隆徳院殿。号は松堂、靖公。

義宜の死後は父・慶勝が当主として復帰している。

脚注[編集]

  1. ^ 徳川義宜とは-コトバンク(『日本人名大辞典』)より。